26日放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系)で、女優の満島ひかりが、過去に印象に残った口説かれ方を披露した。

番組では「生まれて初めて聞かれました」のコーナーで、ゲストの満島が、TOKIOのメンバーと赤裸々なトークを繰り広げた。伏せられたカードのトークテーマの中から、満島は「今まで1番面白かった口説き文句は?」を選ぶ。

満島は19歳の頃、とある「音楽をしている方」に「満島ひかりです」と挨拶をしたところ、初対面の男性から「ジブリみてぇな名前だな」と、言い返されたのだそう。当時、若かった満島は、男性の物言いに「こんな人見たことない!」と、思わずキュンとしてしまったそうだ。

また男性は、周囲に人がいる中でレシートを細かくちぎり、満島の頭上から撒くと「雪みてぇだろ?」と漏らしたというのだ。この告白には、TOKIOメンバーも思わず吹き出す。

松岡昌宏が「中々の人ですよ!」と感心すれば、長瀬智也は「確かに、その人からしてみたら、口説き文句だったかもしれない」と、感想を漏らす。満島は「面白かった」と、笑顔で過去の体験を振り返っていた。

【関連記事】
満島ひかりがドラマ「カルテット」の影響による悩みを明かす「レモンが…」
岡村隆史 満島ひかりのナチュラルな魅力を絶賛「大ファンになった」
満島ひかりが10代のころに浴びた暴言 元所属事務所の社長から「胸がない」