トム・クルーズ自ら提案 (C)Universal Pictures

写真拡大

 トム・クルーズ主演で、往年のホラー映画「ミイラ再生」をリブートするアドベンチャー超大作「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」の新たな本編映像が、公開された。本作の見せ場の1つである、飛行機が上空から真っ逆さまに落下するシーンを切り取っている。

 ユニバーサル・ピクチャーズが往年のモンスター映画を連続リメイクする「ダーク・ユニバース」の第1弾。米軍関係者のニック(クルーズ)は、5000年もの間棺(ひつぎ)に封印されていた古代エジプトの王女アマネット(ソフィア・ブテラ)を目覚めさせてしまったことから、この世の覇権を狙うアマネットに見初められ、戦いの渦に巻き込まれていく。

 謎の地下空洞で見つけた棺を飛行機で輸送中、カラスの大群が窓を突き破り、パイロットは一瞬にして絶命。何とか生き延びたニックと考古学者のジェニー(アナベル・ウォーリス)だったが、コントロールを失った機内は無重力状態になり、さらには爆発で穴が空いたことから、地面に向かって急降下していく。

 このシーンはクルーズ自らが提案したそうで、「直感的で、肌で恐ろしさを感じられるシーンを目指したよ。観客をいかにドキドキさせられるかというのが僕らの1番の目標だった。物語の展開でも、キャラクターでも、肉体的なアクションでも、観客を楽しませることが僕の最大の目的なんだ。その目的達成を目指して、無重力状態のシーンが生まれたんだ」と意図を語っている。

 撮影は、フランス・ボルドーを拠点とする航空会社、ノバスペース本社で実際に無重力状態のもと行われたそうで、実際の旅客機であるエアバスA310が飛行し、40人のキャストとスタッフは2日間にわたって1日2回、2時間で16回の放物線飛行を行ったという。ウォーリスは「何カ月もの間、パッドを詰めた部屋でスタントのトレーニングをし、体を慣らしていったの。ダンサーのようにしなやかに動く必要があった。そうすれば、セットの機器の上でも本物の無重力の状態でも、自分の思う方向に進むことができるの。(撮影中は)生き抜くのに必死だったわ! まず、それだけね(笑)。一生、忘れられない経験になった」と振り返っている。

 「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」は、7月28日から全国公開。