画像提供:マイナビニュース

写真拡大

日本マクドナルドと三井住友カードは8月1日から、全国のマクドナルド店約2,900店舗(一部店舗を除く)において、電子マネー「nanaco」と「Suica」をはじめとする交通系電子マネーによる決済サービスを開始する。

○「Suica」など9種類の交通系電子マネーに対応

従来マクドナルド店舗では、電子マネー「iD」「WAON」「楽天 Edy」の決済サービスに対応していたが、今回、新たな電子マネーを導入する。

新たに追加される電子マネーは「nanaco」、交通系電子マネーは「Kitaca」「Suica」「PASMO」「TOICA」「manaca(マナカ)」「ICOCA」「SUGOCA」「nimoca」「はやかけん」の9種類。

またマクドナルドは今後、「Visa」「Mastercard」等のクレジットカード、及び「Visa payWave」「Mastercard コンタクトレス」等のNFC(近距離無線通信技術)による決済サービスを順次導入する予定と発表している。