オードリー若林ら“シャーピン”の味に感動

写真拡大

オードリー、おぎやはぎ、バナナマンが、7月26日に放送されたバラエティ番組「もろもろのハナシ」(フジテレビ系)に出演。最近、お祭りの屋台などで全国的によく見かける「シャーピン」を初体験し、うまい、うまいの大合唱となった。

番組ではこの日、「進化したお祭りグルメ」についてピックアップ。最新トレンドのお祭りグルメが紹介される中、スタジオの6人が「シャーピン」を実食する流れとなった。

「シャーピン」は、円形の薄い皮で餃子の餡を包み、焼いたような中華風おやきとも言われる食べ物で、近年、屋台では定番の味となっている。6人は全員初体験の味だったようだが、おぎやはぎの小木博明は「なんだこれめちゃくちゃうめえ! 初めてだからびっくりだよね! 餃子より全然うまくね?? お祭りのレベルじゃないよ?」と、あまりの美味しさに感動した。

また、バナナマンの日村勇紀も「めちゃくちゃうまい、シャーピン めちゃうまい…」とその味に感心。設楽統は「原宿とかにずっと出てたらみんな買う」と、常設店の味だと高く評価した。

極めつきはオードリーの若林正恭。一口食べた瞬間「あ、うめえこれ!」と表情が変わると、「ずっとうまいなぁ。なんだこれ」「普段グルメロケで全然味わかんないけどなぁ。なんなんすかね」と美味さに対する自身の反応に困惑したほどで、日村は「こんな若林見たことない(笑)」と驚いていた。