夏菜

写真拡大

26日放送の「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)で、女優の夏菜が、朝ドラのヒロイン抜擢と同時に交際相手だったサッカー選手と破局していたことを語った。

番組では「ヒロミより自由気ままに生きる女」と題して、スタジオには、夏菜のほか、シンガーソングライターのタテジマヨーコ、RIKACOが顔を揃え、司会のフットボールアワー・後藤輝基らとトークを繰り広げた。

2012年に朝の連続テレビ小説「純と愛」(NHK総合)でヒロインを務めた夏菜。実は朝ドラ放送開始直前に、週刊誌に男性との交際をスッパ抜かれていた。後藤が相手の職業について迫ると、夏菜は「職業は、珠を扱う…」と、ボールを蹴るそぶりで、相手がサッカー選手だったことを匂わせる。

朝ドラの撮影で大阪に移り住むため、1年間会えなくなる相手にと告げたそうで「言ってやはり、本当に合わなくなっちゃって」と、振り返る。

また「プライベートや恋愛を大事にしたい」と強く語る夏菜は「朝ドラ始まる前から、テンションがダウナーになっちゃって」「モチベーションが…。何をもって頑張れば良いのか分からなくなったり」と、当時の苦悩を赤裸々に語った。

後藤が「結構、男性で頑張れるタイプなんや?」と、尋ねると、夏菜は「そうですね。頑張れるタイプです」と、自身の性格について認めていた。

【関連記事】
GACKT 自身の写真を「不良アピール」と報じたメディアに呆れ「アホらし」
道端アンジェリカが昨年別れた恋人との破局理由を告白「新鮮さがなかった」
バナナマン・日村勇紀が神田愛花アナとの破局説を否定「全然別れてないです」