豪テニス・スターの父が性的虐待の疑いで逮捕される [続報]

写真拡大

 引退したオーストラリアのテニス・スター、マーク・フィリポーシスの父が、ふたりの子供に性的な嫌がらせをした疑いで逮捕された。

 サンディエゴの警察によれば、68歳のテニスコーチ、ニコラオス・フィリポーシスは個別レッスンを行うテニスコーチで、ふたりの被害者は彼の教え子だった。

 彼の投獄は複数の訴因によるもので、その中には14歳以下の子供に対し猥褻でふしだらな行為をしたこと、10歳以下のより若い子供に深刻な性的虐待をしたことが含まれる。

 警察は、ニコラオス・フィリポーシスがテニススクールと提携していることを示す証拠は何一つ見つけておらず、彼が何人の生徒を抱えているかもまだわかっていない、と保安官のグレッグ・ライラースダム氏は言った。彼はふたりの犠牲者の正確な年齢と性別を明かすことを拒否した。

 ライラースダム保安官は、「我々はまだ捜査の途中であり、終わりではない」とコメントしている。

 ニコラオス・フィリポーシスは火曜日にサンディエゴの自宅で逮捕され、警察は家宅捜査を行った。彼の弁護士が誰になるかはまだわかっておらず、彼は保安局を通して送られたメッセージにまだ答えていない。

 2度にわたってグランドスラム大会で準優勝した息子のマーク・フィリポーシスは、世界8位にまで至った元トップ選手だった。彼はオーストラリア代表として、1999年と2003年にデビスカップで優勝している。

 シドニー・モーニング・ヘラルド紙によれば、2006年に彼が自立するまで、彼の父は、そのキャリアの大半を通し彼のコーチだった人物だという。

「僕の父は、僕の父だ。彼は初めからそこにいた。彼なしには、僕は今いる場所に至っていなかっただろう。父との間には何もない。僕はただ、自分ひとりで時間を過ごすことが必要なだけなんだ」と、別離当時、マークが言った言葉が新聞に引用されている。

 マーク・フィリポーシスは、最近自分のインスタグラムに、「祝・父の日。あなたは今も昔も、人生を通し僕を守り、僕を導いてくれました。そして今、あなたが孫のニコラスに同じようにしてくれているのを見るのは素晴らしいことです。僕は恵まれていると感じ、感謝の気持ちでいっぱいです」と書いていた。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はイメージ