「ガリガリ君ソーダ(サッカー日本代表チーム)」(赤城乳業の発表資料より)

写真拡大

 赤城乳業は26日、8月から期間限定で、「ガリガリ君ソーダ(サッカー日本代表チーム)」を全国で発売すると発表した。「ガリガリ君」のトレードマークの「半袖・半ズボン」を、サッカー日本代表のユニフォーム姿に着替えてして登場する。1本70円、1箱(7本入り)330円(いずれも税別)。

【こちらも】「ガリガリ君」、野菜と果物13種類が入ったグリーンスムージー味を新発売

 この商品は、8月にしか購入することのできない期間限定。「ガリガリ君」ファンだけに限らず、サッカーファンも見逃すことができない商品だ。

 スーパー猛暑と予想される今夏、「手にアイス握る熱い戦い! 青々と燃える!」商品として、「ガリガリ君ソーダ(サッカー日本代表チーム)」を売り出し、過去最高の販売本数を目指す。

 7本入りを購入すると、「ガリガリ君×アディダス サッカー日本代表 タオルマフラー(非売品)」が合計2,000名に当たるキャンペーンも行っている。第1回の抽選は8月31日、第2回の抽選は10月31日が応募締切。パッケージ裏の専用はがきに必要事項を記入し、切手を貼れば応募可能だ。

 赤城乳業は、1963年に発売したカップの「赤城しぐれ」が爆発的に大ヒット。その後、「子供が遊びながら片手でかき氷(赤城しぐれ)が食べられないか?」という発案の元商品が開発され、1980年、現在の形の「ガリガリ君」となった。ソーダ味のアイスキャンディーに、ガリガリ食感のカキ氷の誕生だ。発売から31年を迎えた2012年には、4億本を突破した。