モウリーニョ監督がメキシコ代表FWを絶賛 「スカッドにほしいと思う」と挙げた選手とは?

写真拡大

ウェストハム移籍が決まったチチャリートは「良い選手で、常に得点を決める選手」

 マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、またもやウェストハム加入でプレミアリーグ復帰を果たしたメキシコ代表FWチチャリートことハビエル・エルナンデスの放出を悔やむような発言を残している。

 英紙「デイリー・メール」が報じた。

 モウリーニョ監督は以前、ギャリー・リネカー氏による英公共放送「BBC」のインタビューで、「マンチェスター・ユナイテッドで私なら売らなかった選手」として、アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(パリ・サンジェルマン)、イングランド代表FWダニー・ウェルベック(アーセナル)とともにチチャリートの名前を挙げていた。

 アレックス・ファーガソン政権のユナイテッドでスーパーサブとして活躍したメキシコの点取り屋は、2015年からレバークーゼンでプレー。今夏にウェストハム行きが決まり、プレミアリーグの舞台へ復帰した。記事では、モウリーニョ監督が改めてチチャリートを絶賛するコメントを残している。

「(ユナイテッドからの移籍が)彼自身の決断か、監督の決定なのかは分からないが、彼は良い選手で、常に得点を決める選手。彼は私がスカッドにほしいと思う選手。なぜなら、彼は得点を決めるのに多くの時間を必要としないからだ」

28歳のプレミア再挑戦に名将もエールを送る

 多くのスター選手を指揮してきた名将も、チチャリートの決定力の高さには脱帽。やはり、今でもユナイテッドが手放したことを後悔しているようだった。

 新天地はユナイテッドではなくウェストハムとなったが、「彼の経験はウェストハムのためになる。彼のクオリティーは本当に、本当に素晴らしい」と28歳の再挑戦にエールを送った。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images