<大東建託・いい部屋ネットレディス 事前情報◇26日◇鳴沢ゴルフ倶楽部(6,587ヤード・パー72)>
今季の国内女子ツアー第2戦「ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ」で、全美貞(韓国)とのプレーオフに敗れたものの、自己最高の2位となった藤崎莉歩。プロ入り7年目、飛躍の年になるかと思いきや、その後「サマンサタバサレディース」までの15試合で、最高順位41位タイ、予選落ちが7試合と低迷することに。そんな藤崎が、前週の「センチュリー21レディス」で29位タイフィニッシュ。何か変わったことがあったのか。25歳の新鋭に話を聞いた。
人気バクハツ中のセクシークイーンの特選フォトは「写真館」で
国内女子ツアー「大東建託・いい部屋ネットレディス」のプロ・アマ戦が行われているコース横の練習場に、見慣れない3人組がいた。バンカーショットの練習をしている藤崎。それを見つめる上田桃子。そして、その横で一打ごとに声をかけていたのが上田のコーチを務める辻村明志コーチ。約2週間前から藤崎とのコーチ契約を結んでいたという。
「どのようにゴルフに向きあえばいいか悩んで、思い切って電話したんです」。藤崎が辻村コーチに電話をかけたのは、「サマンサタバサレディース」の練習日だった12日(水)。辻村コーチとは、2010年に合格したプロテストの前に半年間ほど指導を受けたことはあったが、その後は会場で挨拶をする程度の関係だった。
「ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ」で2位になりながら、その後上向かない成績に「先が見えない」と思っていた藤崎。これまでは、ティーチングプロの父・敬一さんの指導を元に個人で練習していたが、ニッポンハムレディスの時に「(辻村コーチに)少し練習を見てもらったらいい感触だった」ことを頼りに、辻村コーチに指導を依頼することに。父とも相談した上で電話をしてきた藤崎の依頼に、「プロとしての覚悟を感じた」という辻村コーチも快諾。コーチ契約を結ぶことにしたという。
「上半身だけで合わせて打つ癖があった」という藤崎に対し、辻村コーチが伝えたのは技術的なことはひとまず置いて、「振りこむことで上半身と下半身の力を合わせた“生きたボール”を打つ」こと。そして「他人の3倍集中して、魂の入った練習をする」ことの2つ。その結果、約1週間の練習でドライバーの飛距離が「10〜15ヤード伸びた」(辻村)という。
そして、藤崎の覚悟がもう1つの“縁”を引き寄せた。辻村コーチの愛弟子、上田との“縁”だ。上田のことは「小学生時代から憧れだった」というものの、これまでほとんど話したことがなかった藤崎。辻村コーチの引き合わせで妹弟子になったことを知った上田が、「センチュリー21レディス」の練習ラウンドに藤崎を誘うと、「人付き合いが苦手だった」という藤崎が、「大東建託・いい部屋ネットレディス」での練習ラウンドをお願いしに行くなど、藤崎にとってこれまでとは違う世界が開けてきた。
ラウンド中の上田からは、技術はもちろん、ゴルフに対する姿勢など多くのことを学んでいるという藤崎。この日も、プロ・アマ戦のインターバルの時間にフラッと現れた上田が、アドレス時の球の置き場所をアドバイスしたり、実際にバンカーショットの手本を見せるなど、契約を結んでからまだわずかな期間にも関わらず、関係は深いものに。
「サマンサタバサレディース」の時の“覚悟の電話”から変わり始めたゴルフ人生。「今回の試合は大事」という藤崎にとって、目先の目標は現在56位の賞金ランクを賞金シード圏内に上げること。そしてその先には、「常に上位で戦える選手になりたい」という大きな思いがある。
“変わった”のではなく“自分から変えた”藤崎が、「試合ではまだ一度も回ったことがないのでいつかは…」という姉弟子・上田との対決を制し、悲願の初優勝を果たす。そんな夢の実現も、意外と近いのかもしれない。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

昨年覇者、ささきはハヌル&上田と同組に!アン・シネは三ヶ島、江澤と
ホステスプロの渡邉彩香は「一番大事な試合」の前に“藍&愛”から刺激
お疲れ気味のアン・シネ、赤ドライバー投入でリフレッシュ
ニューヒロインを探せ!ステップアップツアーのフレッシュ写真ギャラリー
「ゴルフ界のカトパン」がホステスVに意気込み【カストロールレディース】