【詳細】他の写真はこちら

すぐにでも冷たい飲み物が飲みたい時に。

夏の暑い日には1秒でも早く冷たい飲み物が飲みたい! そんなシチュエーションが多々あると思いますが、冷えていないドリンクをただ冷蔵庫に入れても、残念ながらそんなにすぐには冷えません。でも世の中には、わずか30秒でドリンクを冷却できる『ProntoBev』なる便利な急冷グッズがあるのです。ただドリンクを注ぎ込むだけでキンキンに冷やせるこの製品。登場した季節のタイミングが良かったのか、クラウドファンディングサイトのIndiegogoで製品化に向けた資金調達がすでに成功しています。

氷より早く、なんでも冷やす!







『ProntoBev』の使い方は簡単至極。『ProntoBev』本体を冷凍庫でしっかりと冷やしておき、ドリンクを内部に注ぐだけ。あとは30秒待てば、ヒエヒエのドリンクのできあがり。その冷却能力を侮るなかれ、なんと氷入りのグラスよりもドリンクを早く冷やせるんだとか。しかも一度本体を冷却しておけば、ボトル数本分のドリンクを連続して冷却可能なんですって。ちなみに『ProntoBev』には750mlの液体を入れることができるそうですよ。

取り扱いもラクラク







本体内部はステンレス製で、錆知らず。飲み物の味にも影響を与えません。そして使い終わった後の洗浄は、食器洗浄機でもOKなんです。



本体側面には液晶温度計が取り付けられており、気になる内部に入れたドリンクの温度を表示してくれます。あ、上の画像を見て「45.3度って、全然冷えてないじゃないか!」と一瞬思うかもしれませんが、こちらは華氏表示なのでご安心を。摂氏に変換すると約7度なので、きっちりと冷えております。

現時点ではIndiegogoで89ドル(約1万円)の支援をすれば1つ入手可能という状態。製品の出荷は2018年3月の予定となっていて、全世界への配送に対応してくれるようです。来年の夏は、この便利グッズで冷たいドリンクを飲みまくり、といきたいものです。

文/塚本直樹

関連サイト



『ProntoBev』プロジェクトページ(英語)