オフィスでもできる! 夏に負けてる胃腸を活性化するヨガ

写真拡大

弱った胃腸にカツを入れる!

暑すぎて食欲がない…。冷たい飲み物ばかり飲んでる…。そんなアナタの胃腸、かなり弱っているかもしれません。胃腸の働きが弱まると、消化力が落ちて体の中に毒素がたまり体調を崩しがち。

そんな時おすすめなのが、ヨガのねじりのポーズ。胃腸を適度に刺激してくれるので、消化力を高め、また便通もよくしてくれるから、毒素排出効果も期待ができます。

今回は、オフィスで実践できる椅子にすわったままできるポーズと、給湯室など立ったまま行える2つのポーズをご紹介。消化力を上げておきたい、そして適度に胃の中が空なランチ前にトライ!食事後すぐは、やめておきましょう!

オフィスでもできる2ポーズをご紹介

01. 椅子を使ったねじりポーズ

1:椅子に腰かけて、背筋を伸ばす
2:ヒザはそろえて正面を向く
3:右手を左ヒザの外側に置き、左手は左のお尻の後ろに置く
4:その場で息を吸って、吐きながら体をゆっくり左に回旋させる
5:反対側も同じく

02. 立位のねじりのポーズ

1:足をそろえて立ち、背筋を伸ばし、肩の力を抜く
2:手は足のつけ根にそっと添えて、息を吸う
3:息を吐きながら、椅子に座るようお尻を後ろに下げ、ヒザを曲げる
※ヒザがつま先より前に出ないように注意
4:息を吸いながら胸の前で手のひら同士を合わせて合掌
5:息を吐きながら体を右に旋回させる
6:その場でキープし呼吸を続け、息をはきながらセンターに戻す
7:反対側も同じように行う

体をねじるという、ちょっとした動きだけでも体全体の代謝を促すので、毎日の習慣にして今夏を元気に乗り切りましょう!

 

ライター:北川彩/ヨガインストラクター。『Yogini』『YOLO』編集などにも携わる
写真:istockphoto