仮想通貨「ビットコイン」を使ったマネーロンダリング(資金洗浄)に関与したとして逮捕され、ギリシャ北部テッサロニキの裁判所に到着したロシア人のアレクサンダー・ビニック容疑者(2017年7月26日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】ギリシャの警察当局は26日、犯罪者による仮想通貨「ビットコイン(Bitcoin)」を使ったマネーロンダリング(資金洗浄)を手助けしたとして、米当局が行方を追っていたロシア人の男(38)を逮捕したと発表した。男が率いる組織は2011年以降、少なくとも40億ドル(約4450億円)の資金洗浄に関与したとされ、2014年に東京のビットコイン取引所「マウントゴックス(MtGox)」が破綻した際にも違法に利益を得た疑いがある。

 逮捕されたのはアレクサンダー・ビニック(Alexander Vinnik)容疑者。25日、ギリシャ北部の都市テッサロニキ(Thessaloniki)近郊の観光地ハルキディキ(Halkidiki)で身柄を拘束された。

 ギリシャ警察によれば、米カリフォルニア(California)州の裁判所が今年1月に逮捕状を出していた。
【翻訳編集】AFPBB News