体質傾向が分かる「ドーシャチェック」を試してみて

写真拡大 (全2枚)

歴史ある世界三大医学のひとつ、アーユルヴェーダ。病気を癒し、心身を心地よく整えることはもちろん、幸せに生きる「生き方の知恵」として、発祥地のインドを超えて今も世界的に注目されています。
そのメソッドを気軽に暮らしに取り入れる方法を研究しているのが、スリランカ政府認定SLAMAのアーユルヴェーダインストラクターであり、オイル美容家の川崎雅代さん。今回は心と体を整えるアーユルヴェーダ美容の第一歩として、その人の心身の特徴を知る「ドーシャチェック」の方法と体質別のコンディショニング・メソッドをうかがいました。
「アーユルヴェーダ」は、コンディショニング・メソッド
50代にはとても見えないしなやかなスタイルと、長い黒髪、つややかなすっぴん肌が印象的な川崎さん。体脂肪は17〜18%で、体重計での体年齢は30代をキープ。アーユルヴェーダに出合い、身体のバランスを整えて人生をポジティブに捉えられるようになったと語ります。

川崎さん:「アーユルヴェーダは、古代インドを発祥として生まれた伝承医学。サンスクリット語で『アーユス』は命・寿命、『ヴェーダ』は科学・真理を表す言葉なので、『生命科学』という意味になります。
アーユルヴェーダはとても体系的な学問で、内科学や外科学など、8つの分野があります。私が注目しているのは、そのなかでも『強壮学』、いわゆる若返り療法です。現代人が日常生活に取り入れやすいように、そのエッセンスをお伝えしています」

アーユルヴェーダの第一の目的は、健康維持と病気の予防。そこには、体のコンディションをよりよい状態に保ち、人生をもっと前向きに楽しむための知恵(生活術)や若返りのテクニックも含まれているとのこと。
世界のセレブや富裕層が、ダイエットや美容、ライフスタイルにまでアーユルヴェーダのメソッドを取り入れているのは良く知られるところ。ケミカルなものや高度な医療に頼らずに、日常生活のなかで実践できる方法であることも、支持される理由のひとつです。
簡単ドーシャチェックで自分を知る
アーユルヴェーダを取り入れた生活は、自分の「ドーシャ」を知ることから始まります。人体の生理機能は「ドーシャ」と呼ばれる生命エネルギーから制御されている......というのが、アーユルヴェーダ哲学の基本的な考え方。
その生命エネルギーとは、

「ヴァータ」=空・風(運動エネルギー)「ピッタ」 =火・水(変換エネルギー)「カパ」=水・地(結合エネルギー)

の3種類。人にはそれぞれ働きやすいエネルギー(ドーシャ)があり、ドーシャのバランスを保つことで、心地よく、よりよい人生が送れるようになるのだそう。
まずはざっくりと自分の体質傾向を知るために、下記の10問で、ABCのうちどの回答が多かったかをチェックしてみてください。

体質傾向が分かる「ドーシャチェック」
‖侶A 痩せている、または痩せていた 太りにくいB 中肉中背C 食べると太りやすい
髪A 髪のパサつきが気になるB まっすぐな髪の毛・茶色・若白髪C しっとり、フサフサな髪の毛
HA 乾燥肌でかさつきが気になるB 赤み、あるいは黄みがかった肌C やわらかくなめらかな肌
さぜA 気分や気持ちが比較的ころころ変わるB 情熱的。気に入らないことがあるとカッとなるC 気分が安定していて、めったに怒らない
タ欲A 食欲にむらがある。食事の時間も不規則B 食欲旺盛。おなかがすくとイライラするC 食欲はほどよくあるが、一食くらい抜いても平気
睡眠欲A あまり熟睡できない。夜中に起きやすい。夢をみるB ベッドに入ればすぐ寝付くC 眠ることが大好き。朝までぐっすり
Д灰潺絅縫院璽轡腑麥A 誰にでも話しかけすぐ友達になれるB 気の合うタイプなら話しかけ、仲良くするC 人見知りしやすく自分から話しかけることはしない