人体学べる“子どもの解剖人形”に賛否

写真拡大

「子供のうちに、自分たちの身体をよく知ろう」。そんな先鋭的なおもちゃが登場し、注目を集めている。

アナとアンディという、体長45センチほどのお人形。一見普通の人形だが、実は解剖学的人形で、着脱式の臓器を外したりはめたりすることで人体を楽しく学ぶことができる。対象は4歳児からで、現在販売へ向けてクラウドファンディングの「Kickstarter」で出資を募り始めたところだ。

ネットでは「ううむ…」「子供があまり興味を持つようだと逆に心配になる」「医者の子供の英才教育にはいいのかな」「正直気持ち悪い」「家族全員に、5つのペアが欲しい」「幼稚園とか学校のクラスに一つあるならいいかも?」と、賛否があるようだ。