キンタロー。が社交ダンス国際大会で準優勝!太ももを5cmも絞る本気度

写真拡大

 女性芸人のキンタロー。が、ロペスことお笑い芸人岸英明(ぱいんはうす)とともにイタリアで開催された社交ダンスの国際大会に初挑戦し、準優勝。7月21日放送の「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)では大会の模様が紹介された。

「キンタロー。は、2013年に番組内の企画で社交ダンスに挑むことになり、最高峰のクラスA級になんとわずか1年半で昇格。翌年には日本ランキングで36位。以降ロペスとペアを組み、昨年10月には世界選手権に出場するまでになりました」(芸能記者)

 VTRでは、実際2人が決戦の地・イタリアに降り立ったシーンから国際大会で戦う姿が映し出された。VTRの前半が終了した後、スタジオにキンタロー。とロペスの2人が登場。ダンスの練習で引き締まった彼女の体型を見たゲストの大竹しのぶは「体も(前よりも)違ってませんか?」とコメント。「毎日トレーニングしてます」と答えるキンタロー。の言葉に、スタジオからは感嘆の声が上がった。

 一方、中居は「試合中、本当に顔に出るのね」と、ロペスがミスをした時のキンタロー。の苛立つ表情について「すっげえ顔になるよ」と言いながら顔真似まで披露。ロペスが「鬼の形相ですね」と答え、笑いを誘った。

「大竹が指摘した通り、キンタロー。はこの企画のためにかなり努力して体を絞りました。23日更新のブログでは、減量前と後の写真をアップしています」(前出・芸能記者)

 ブログによると、彼女は他の選手よりも体重が多いため、2カ月の間に必死でダイエットし、太ももマイナス5cm、体重も5kg落としたという。しかし本人としてはまだ納得できないらしく、さらに今後1カ月でもう5kg落とし、40kg台を目指すことを誓った。

 ただ、社交ダンスにのめり込むキンタロー。には、こんな懸念の声もある。

「かつて『ウリナリ芸能人社交ダンス部』で、社交ダンスが大ブレイクしましたが、長期間参加した女性タレントの中で今もテレビで活躍しているのは千秋くらい。社交ダンスに打ち込むのもいいけど、本業にも力を入れて欲しいですね」(放送作家)