北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は26日、朝鮮戦争の休戦協定が結ばれた27日が、「世界『最強』を誇っていた米帝国主義者を滅亡の下り坂に追い込んだ誇らしい勝利者の祝日である」とする署名入りの論説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論説は、「米帝の『強大さ』の神話を余地もなく砕いた戦勝の7・27は反帝・反米闘争の新しい高揚の時代を開いた」と述べた。

また、「こんにち、誰もあえて手出しできない核およびロケット強国に毅然と浮上したわが共和国は、世界『最強』を威張っていた帝国主義の首かいをひざまずかせた60余年前のその時のように米帝に痛打を与えながら最後の勝利の日を早めている」と強調した。

そのうえで、「米帝とその手先らは、われわれとの対決に執着するほど与えられるものは敗北者の汚名と恥だけであり、先軍朝鮮の百勝の神話は永遠であるということをはっきりと認識すべきである」と主張した。