厳しい表情で指導する浦和・ペトロビッチ監督(左から2人目)

写真拡大

 北の国から、再出発だ。低迷するJ1浦和は26日、さいたま市内で調整。29日からは15位札幌とアウェーで戦い、さらに16位大宮、14位甲府と続く下位3連戦。DF槙野智章(30)は「はい上がるために、絶対に負けられない」と札幌からの連勝スタートを誓った。

 この日までにキャンプ以降行わなかった2部練習を、2日連続で行った。降りしきる雨の中、ミハイロ・ペトロビッチ監督(59)の怒号も飛んだ。攻守の素早い切り替え、全体でのプレスを意識した練習に槙野は「足りないものに取り組めた」と手応えを口にした。

 首位C大阪とは勝ち点12差に広がった。「上に立つために、一つ一つ勝たないといけない。目の前の試合に勝って、12月には上に立てるようにしたい」。北の国から、逆襲をスタートさせる。