文法は英語学習の邪魔になる: 「不要3兄弟」の長男編

写真拡大

◎文法不要! 和訳不要! 書き取り不要! 
◎親は教えなくていい! 隣でただニコニコして座っているだけでいい!
◎「1日たった5分のらくらく単語暗記法」を楽しんでたら、小2で英検準2級合格! 地方公立からハーバード合格!
◎週1回、たった75分の授業で、大学入試レベルの単語帳を小学生が音読!
……こんな英語教室が、九州の大分駅近くにあるのをご存じだろうか?
英語教室を運営する傍ら、これまで4〜18歳の3000人の子どもたちに実証済。長女が大分県の公立小中高からハーバード大学、ジュリアード音楽院合格とありえない成果を出し続けている、廣津留真理氏の最新刊『英語で一流を育てる──小学生でも大学入試レベルがスラスラ読める家庭学習法』が発売早々第5刷となった。
今回、再現性重視の観点から、最新ハーバード生200名リサーチを敢行。衝撃の事実が判明したという。
セレブ家庭でない普通の家庭の大分県の子どもたちに、どうやって本当の英語力をつけているのか? 
一体全体、どんな「奇跡の勉強法」なのだろうか?

文法は学習の邪魔になる

「お母さん、文法って何?」

 これは、小6のときに私の教室で英語を始め、わずか8か月で英検3級(中学卒業程度)に合格したGくん(現中1)が、家でお母さんに言った衝撃的なセリフです。

 中学の授業で初めて「文法」という言葉を聞き、何のことかとお母さんに真剣に聞いたとか。
 それくらい、私は教室で一切文法を教えません。
 なぜなら、必要がないから。むしろ邪魔になるからです。

「暗記」こそ不動の大原則

 私のメソッドの不動の大原則、それは「暗記」です。
 もちろん、家庭でのレッスンでもそれは変わりません。
 単語も英文も問題集の答えも、ひたすら大量に暗記するのです。
 単語を知らなければ、英文が読めないので大量に暗記します。
 英文は、文法や構文を考えずに丸暗記します。
 そのときに大事なのが、「音読」です。

 ドリルなどで出てくる穴埋め問題も、答えを見て丸暗記します。
 学校の授業では、英語の文章を1文読むたびに「これはbe動詞だからどうだ」とか、「これは何々にかかる関係代名詞だからこうだ」と、文章を文法で・分解・してその構造を説明します。

 でも、それは「テストで○×がつけやすい」という大人側の都合でしかありません。
 やさしいことを難しく考えるよりも、とにかくたくさんの英語を頭の中にインプットする。これが英語を身につける基本中の基本です。

 英文を大量に暗記すれば、そこで使われている文法や構文は一緒に頭に入ってきます。
 それが文法だと知らずに、自然に覚えられるのです。
 文法がどうしてもやりたかったら、大きくなってから考えればいい。そう割り切ってみてください。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)