9月に三代目桂小南を襲名する桂小南治(右)。桂歌丸と

写真拡大

 今年9月に三代目桂小南を襲名する落語家の桂小南治(55)が26日、都内で襲名会見を行った。

 師匠の二代目は京都出身で、上方落語を東京で広めた存在。同席した落語芸術協会会長の桂歌丸(80)は「二代目が道半ばだった上方の人情噺(ばなし)などを三代目にも広めてほしい」と願った。小南治は「小南の名に恥じない高座を務めたい」と意気込んだ。