(左から)吉田朱里、白間美瑠、山本彩

写真拡大

【NMB48/モデルプレス=7月27日】NMB48の山本彩、吉田朱里、白間美瑠が26日、大阪で行なわれた「2025年大阪万国博覧会を実現する国会議員連盟総会及び万博誘致セミナー」に出席。2025年に大阪で万博が開催されるならどのように関わりたいか、各々の“得意”を活かして答えた。

【さらに写真を見る】山本彩、須藤凜々花結婚発表に本音と葛藤 NMB48メンバーの“祝福”も説明

◆音楽で勝負の山本彩は…


山本はこの日、“万博のイメージ”について聞かれると「年齢に関係なく、老若男女たくさんの方が触れ合えるような場所なんじゃないかなと思います。場所を通じて、年齢、国を超えて交流できるようなところだと思います」と独自の考えについて答えた。続けて「8年後は30歳を超えるのですが、今から発信していくことが大事だと思うので、今の年齢層から下の世代にも発信していきたいと思います」と頼もしい発言もあった。

また、グループ外ではソロ活動にも力を入れている山本は、8年後の万博との関わり方について「音楽は年齢に関係なくできるものだと思いますし、世界共通のものだと思っているので、言葉の壁があってもそれを乗り越えて、音楽で通じ合えるのが音楽の良さだと思う。自分が作った歌を皆さんにも聞いてもらって、笑顔や元気になってもらいたいと思います」と話した。

◆“美容YouTuber”吉田朱里は…


一方、グループの活動以外ではYouTubeでの女子力動画が話題で、発売したばかりの自身のメイク本の売れ行きも好調な吉田は、この日のゲストのハイヒール・りんごの「万博では暑くて女性は化粧が溶ける」という発言を受け、「もっと美容を追及して、それこそ溶けないコスメなども開発していけたらと思います」と意気込んだ。

◆白間美瑠は…?


発売間近のアルバムのリード曲「まさかシンガポール」ではセンターポジションを任され、選抜総選挙ではグループ内で最高位を獲得した白間は「私は人を笑顔にするのが大好きで、笑わしたりすることも大好きです。8年後は28歳になるのですが、人を喜ばすことは大事だと思うので、歌ったり、踊ったりで、みんなを笑顔にしたいと思います」とアイドルらしい関わり方を語った。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】