オーバメヤング1月に中国?ドルトムントSDが混乱

写真拡大

『Kicker』は24日、「ボルシア・ドルトムントのスポーツディレクターを務めているミヒャエル・ツォルク氏は、オーバメヤングの噂について語った」と報じた。

昨季からドルトムント退団が噂されるオーバメヤング。今夏はACミランやチェルシーなどへの移籍が取り沙汰された。

さらに先日は「1月のマーケットで中国超級リーグの天津権健に移籍する」と伝えられ、その価格は7000万ユーロ(およそ90.1億円)にのぼると言われた。

しかし、それについて話したミヒャエル・ツォルク氏は以下のように話し、全く根拠がないと指摘した。

ミヒャエル・ツォルク

(ピエール・オーバメヤングに中国移籍の噂があるが)

「それは完全に根拠のない話だ。ファンの誤解を招くだけのものである。

接触はない。交渉もない。そして、そこには何の兆候もない。混乱させられるよ」

(ソクラティス・パパスタソプロスも移籍の噂があるが?)

「我々は彼について明確なプランを持っている。彼のような質を持つ選手を手放したくはない」