NZウェリントンの華人青年が創設した企業はこのほど、「Mtshare」と呼ばれるシェア自転車プロジェクトを開始した。

写真拡大

NZウェリントンの華人青年が創設した企業はこのほど、「Mtshare」と呼ばれるシェア自転車プロジェクトを開始した。新華網が伝えた。

【その他の写真】

彼らは23日、第1陣となるシェア自転車18台を街頭に並べ、無料試乗を行った。これらの自転車はウェリントン市街地のニュージーランド国立博物館とウェリントン駅に設置された。利用者はこの2カ所の中間地点であれば、好きな場所に駐輪することができる。

利用者がこれらの自転車を利用する際は、携帯アプリをダウンロードし、サドルの後ろに取り付けた番号札を入力すれば、キー解除のパスワードを入手できる。目的地に到着後、利用者は鍵をかけ携帯アプリで終了のボタンを押す必要がある。

同プロジェクトの担当者は「プロジェクトが根付いていけば今後ウェリントン各地に展開していく。ウェリントンで成功をおさめたのちには、ニュージーランドのその他の都市にも普及させたい」と話した。(提供/人民網日本語版・編集YF)