ソロデビューを果たし、歌手活動を再開したルイ・トムリンソンがビービー・レクサとコラボしたセカンドシングル「Back To You」は、「復縁した元エレノア・カルダーのことを歌っているのでは?」という噂が浮上。今週初めにイギリスのテレビ番組「Lorraine」に出演したルイは、真偽を聞かれると「僕が繋がりを感じる個人的な出来事がいくつかあって、それをこの歌詞に生かしたんだ。アルバムの他の曲は、とても繊細なんだ。僕に直接関係のないものを入れるのもいいものだよ」とコメント。

また、エレノアとの関係についてもコメント。「エレノアとの関係は偶然なんだ。この歌で描かれている関係は強烈だ。たぶん歌に出てくる2人は、お互いにとって正しい相手ではないのかも。僕はエレノアのことをそうは言わない。彼女は素晴らしいよ」。つまり、エレノアは自分にとって正しい相手だと宣言したも同然! 2015年にエレノアと破局してから友達のブリアナ・ユングワースとの間に長男フレディーくんが生まれ、パパになったルイ。

 

:)

Louis Tomlinsonさん(@louist91)がシェアした投稿 -

「父親になる心の準備ができていた?」という質問には、「いや。でも心の準備ができている人なんている? ”準備はできた?”って聞かれたら、みんな嘘をついて”まだだ”って答えると思うよ」「フレディーには驚かされるよ。彼から目が離せない。どこでも飛び跳ねているんだ。子育てはすべてが素晴らしい」ともエレノアとの関係、そしてフレディーくん&ブリアナとの関係を両立できるのか、今後の展開に要注目。

Photo: The Mega Agency/AFLO Text: Yoko Nagasaka