夏菜(C)モデルプレス

写真拡大

【夏菜/モデルプレス=7月26日】女優の夏菜が26日放送の日本テレビ系トークバラエティ番組「今夜くらべてみました」(毎週水曜よる9時〜)に出演。NHK連続テレビ小説「純と愛」のヒロインを演じた夏菜が、朝ドラ時代の心の闇を告白した。

【さらに写真を見る】夏菜が“最高のSEXをする女”役に

◆堀北真希の次は「プレッシャーがやばかった」


2011年に映画「GANTZ」でブレイク、翌2012年、23歳の時にNHK「純と愛」で朝ドラヒロインの座を射止めた夏菜。朝ドラヒロインに決まった時は「やったー、ヨッシャーやるぞ」という気持ちだったというが、「前の作品が『梅ちゃん先生』(主演・堀北真希)で、その前が『カーネーション』(主演・尾野真千子)でNHKの朝ドラが上向きできてるときで、プレッシャーがヤバくて」と視聴率の重圧に押しつぶされそうになっていたことを明かした。

◆クレームで傷つき「飲まなきゃやってらんない」


そして、ドラマが放送され始めると、NHKには「うるせぇドラマだ」「大して可愛くもないのに叫んでんじゃねえよ!」などと夏菜へのクレームが大量に寄せられ、夏菜はそれに傷つけられ、「飲まなきゃやってらんない気持ちに変わっていくんですね、朝ドラ中に」と唯一のストレスのはけ口がお酒だったとぶっちゃけ、スタジオを驚かせた。

さらに、「純と愛」のあとの朝ドラはフィーバーを巻き起こした「あまちゃん」で、夏菜は心がボロボロになったそうで、「あれから朝ドラ観てない」と苦笑いした。

◆朝ドラヒロイン決定時はサッカー選手と交際も…


夏菜は、朝ドラのヒロインに決定し、ドラマの撮影に入る前の期間に彼氏との写真を週刊誌にスッパ抜かれたことも告白。MCの後藤輝基に「何されてた方ですか?」とツッコまれると、「あの…」としばし口ごもった夏菜だが、「職業は…球を扱う…」とぶっちゃけ。「蹴るやつ?」とさらに追及されると足で蹴るしぐさをしながら「そう…ですね」と当時サッカー選手と交際していたことを明かした。

結局その彼とは撮影に入るときに別れてしまったそうだが、自身を「恋愛を大切にしたいタイプ」だと語る夏菜は「何をもって頑張ればいいのかよくわかんなくなっちゃって」とモチベーションが下がってしまっていたと当時を振り返った。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】