7月に入り新疆維吾爾(ウイグル)自治区の多くの都市では猛暑となっているものの、同自治区にある江布拉克景勝地は、さわやかな「避暑モード」に入っている。

写真拡大

7月に入り新疆ウイグル自治区の多くの都市では猛暑となっているものの、同自治区にある江布拉克景勝地は、さわやかな「避暑モード」に入っている。

【その他の写真】

山一面に緑の草原が広がり、青い空と遠くに山々が見える景色はまさに絶景。山の間から新戸河が流れ、心地よい湿度で、夏の平均気温は25度だ。また、66ヘクタールにわたり菜の花と山の花が満開になり、江布拉克の新たな観光スポットとなり、多くの観光客が訪れている。江布拉克は、カザフ語で「聖水の源」を意味し、この景勝地は奇台県の中心部から45キロ離れた半截溝鎮に位置する国家AAAA級の景勝地、国家森林公園だ。また、中国科学院によって、保護の行き届いたオアシス文化の一つに指定されている。(提供/人民網日本語版・編集KN)