つばきファクトリー

写真拡大

ハロー!プロジェクトの9人組アイドルグループ・つばきファクトリーが26日、2ndシングル『就活センセーション/笑って/ハナモヨウ』の発売記念イベントを池袋サンシャインシティ  アルパ噴水広場にて開催、約1800人のファンを集めた。この日発売された新曲についてリーダーの山岸理子さんは「メジャーデビューシングルはオリコン3位をいただいたので、セカンドシングルではそれを超えるのが目標」と語ると、サブリーダーの小片リサさんは「1位を狙っていけたらいいなと思います!」と意気込みを見せた。

この日のイベントでは、まず可憐な花柄の衣装で登場。1stシングルから『初恋サンライズ』『うるわしのカメリア』、新曲の『笑って』『ハナモヨウ』などを披露。この日、腰椎椎間板ヘルニアのため療養中だった浅倉樹々さんもMCのみで復帰した。

そしてラストは全員がリクルートスーツに着替え、新曲『就活センセーション』を披露。“アイドルの聖地”と言われる池袋サンシャイン噴水広場で、全員がリクルートスーツで激しいダンスと歌を披露するという光景は大きなインパクトがあった。

終演後、取材会に参加したメンバーたち。リクルートスーツの襟には、この日のリリースイベントのために作ってもらったという社章バッジが光っている。自身が就活世代という小片さんは就活生を『就活センセーション』でしっかり応援したい」とアピールした。

曲中「よろしくお願い致します!」という歌詞が印象的だが、山岸さんは「その部分で私たちは礼儀正しい45度のお辞儀をしているので、観てくださる方にもそこで一緒にお辞儀してもらいたいです」というと、小片さんは「お辞儀の振付を“就活グリーティング”と呼んでいます」と紹介した。

またハロプロ内でのライバルについて問われると、小片さんは「こぶしファクトリーは同じ時期に結成されたグループなので、ライバルでもあり仲間。これから切磋琢磨して頑張っていきたいなと思います」と語ると、岸本ゆめのさんは「私はモーニング娘。’17さん。ハロー!プロジェクトというと一番に思いつくのはモーニング娘。さんですが、私たち、つばきファクトリーはハロプロの顔になりたいという思いがあります」と力強く語った。

そんなつばきファクトリーの強みについて、岸本さんは「ジャンルにとらわれず、カッコいい曲も、可愛い曲も、大人っぽい曲も、せつない曲も、いろんな曲を歌えるのが私たちの強みだと思っています。今回のシングルも3曲とも曲調がバラバラ。いろんな面を聴いてもらえます」とアピールした。

また今後共演したい人について、岸本さんは「 レディー・ガガさんに会いたい」と大きな夢を語り、山岸さんは「松岡茉優さんと共演してみたい。松岡さんはハロー!プロジェクトがお好きとよくおっしゃっているので、一緒に踊ったりしてみたい」と微笑んだ。また小片さんは「アイドルだけでなく幅広い人に知ってもらいたいと思うので、スポーツ選手とコラボして楽曲を作っていただけたら嬉しいです」と語った。

そんな小片さん、「私たちはアイドル界の主役になることが目標。まだツアーや単独ライブをやっていないのでこれからやりたいですし、先輩たちのように、海外でライブができるグループになりたいです」と大きな夢を語った。

なお会見には、新沼希空さん、谷本安美さん、小野瑞歩さん、小野田紗栞さん、秋山眞緒さんも登壇した。

■関連ニュース

ハロプロ恒例夏のハロコン開幕 ハロプロ新メンバーオーディション開催の発表も Juice=Juiceは初のデジタルシングルを8/23配信  (2017年07月15日)