ハ・ジウォン&CNBLUE カン・ミンヒョクら「病院船」撮影の無事&成功を祈願する告祀に出席

写真拡大

MBC新水木ドラマ「病院船」(脚本:ユン・ソンジュ、演出:パク・ジェボム) が巨済(コジェ) 市猪仇(チョグ) 港で主要キャストや制作陣、そして制作に協力した巨済市と、ドラマの中で病院船として登場する船を支援した每勿島(メムルト) 海運(株) の関係者が集まった中、本格的な撮影開始を控えて、無事故と成功を祈願するコサ(告祀) を行った。

「病院船」は、船に乗って医療活動をする、それぞれ異なる事情を抱えた医師たちが、医療インフラが足りない島村の人々とコミュニケーションを取り、心を癒す本物の医師へと成長していく物語を描くドラマで、撮影のほとんどが巨済島(コジェド) を背景に行われる予定だ。そのため、この日のコサもドラマの中で「病院船」として使われる船舶がとまっている猪仇港で行われた。

21日午前、猪仇の町で行われたコサは、行う直前までも濃霧がかかって一寸先も見られず、定期旅客船が出港できないほどだったが、コサの時間が近づくにつれて、温かい日差しとともに霧が消えて、美しい猪仇港が目の前に広がり「病院船」チームに幸先の良いスタートを知らせるようだった。

コサの現場で、演出を務めたパク・ジェボムプロデューサーは「『病院船』がついに出発することになった。みんな元気で幸せに終えられることを願っている」とし、制作を務めたFANエンターテインメントのキム・ヒヨル副社長は「無事、安全な撮影とスタッフの健康、そして作品の成功を祈願する」と伝えた。

制作を支援した巨済市のソ・イルジュン副市長は「巨済にようこそ。『病院船』が韓国を代表するドラマになることができるよう、全力を尽くして支援する」とし「病院船」チームに歓迎のメッセージを伝えた。

最年少外科課長を目の前に控えている状況で、紆余曲折を経て病院船に合流する実力派外科医ソン・ウンジェ役を務めたハ・ジウォンは「美しい巨済で『病院船』の大切な縁が集まって出港することになった。ドキドキするし、緊張もしている。温かいドラマですべての方々に愛してもらえるように、全力を尽くす」とし、主演俳優としての責任感と覚悟を表した。

暖かく人間的な「病院船」の内科医クァク・ヒョン役を務めるCNBLUE カン・ミンヒョクは「一生懸命に、そして健康に撮影したい」と意気込みを表した。

また「病院船」の船長&事務長コンビで、現場のムードメーカー役を果たしているパン・ソンウ役のイ・ハンウィ、チュ・ウォンゴン役のキム・グァンギュも「ベストを尽くす」と気合を入れ、巨済現地での撮影のない外科課長キム・ドフン役のチョン・ノミンも、コサに参加するために遠くまで足を運び「病院船」のチームワークを見せつけた。

コサを皮切りに本格的な巨済撮影に入った「病院船」は、「死んでこそ生きる男」の後番組として韓国で8月から放送がスタートする予定だ。