付かず離れずのほうが愛される!?彼の「溺愛彼女」になる方法

写真拡大



付き合う上で、彼を一方的に愛するだけじゃなく彼からもたくさん愛されたいですよね?


今回は、彼氏に溺愛される女子の特徴を紹介。愛される女子は、これが自然にできているのかも!?

■彼氏に依存しない

「依存してくる子は重いし、多少雑に扱っても自分から離れないから『溺愛』ってことにはならない。愛される子は自立している子でしょ」(30歳/営業)


「友達が少ない子や打ち込めることがない子って彼氏に依存しやすいけど、ヒマな男子や極度の寂しがりやな男子以外はそんな子苦手だから」(28歳/IT)


付き合ったらもう彼しか見えない!と、友達との予定も作らず、彼としか会わなくなる女子もいるはず。でもそれでは彼の独占欲も執着心も湧いてきません。彼に溺愛されたいのなら依存は厳禁。程よい距離感を保ちましょう。

■可愛気がある

「見た目が自分好みだと見ているだけで目の保養になるから、自分独り占めしたいかも」(29歳/飲食)


「愛嬌がある子ってふとした瞬間にギュッとしたくなる。容姿も大事だけど、内面の可愛げの方が大事」(31歳/コンサル)


「可愛い彼女」だとやっぱり溺愛しちゃいやすいのかも。見た目もそうだけど内面的に男子がキュンキュンしちゃうポイントをつけば、彼もどハマりしちゃうはず。
一緒にいるときもLINEでも彼のことをキュンキュンさせることを意識してやってみるのもいいかも。

■見返りを求めない

「見返りを求めない女子は損得勘定がないからこっちも大切にしなきゃなと思える」(29歳/通信系)


ギブ&テイクって言葉があるけど、それって見返りとは違って、どちらかといえば支え合いですよね。彼女から一切見返りを求めない優しさをもらうと、男子も自然にもっと大切にしたいと思えるのかも!

■変化があって興味深い

「長く一緒にいても飽きない女子!好奇心旺盛でつねに何か学ぼうとしている子とか、人を喜ばせるのが上手な子は興味深くてハマる!」(27歳/サービス業)


彼を飽きさせないためにも、つねに彼の前では「新鮮な自分」を心がけたいところですね。「この子はいろんな顔を持っている!!」となれば彼も今以上にあなたに興味を示すはず。
付き合う上で安定感も大事だけど、変化していくのも大事。いろんな側面を見せましょう。

■自由奔放で放っておけない

「つかみどころのないふわふわした女子は不安で放っておけない」(30歳/不動産)


「自由奔放な女子はつい追いかけちゃうね」(29歳/証券)


自由奔放な子は、男子の狩猟本能に火をつけちゃうタイプ。彼に溺愛されたいのなら彼に合わせるよりも自由気ままな感じの方がいいのかも。
その方が彼も自分から離れちゃうんじゃないかと不安になって気になって、かまって、愛情を注いで…という付き合い方になりそうです。

■おわりに

彼に溺愛されやすい子は彼の心をつかんだり、ゆさぶったりするのが上手なのかもしれませんね。
彼のことが大好きだと彼中心の生活になりやすいけど、自分中心の生活であるからこそ、彼もその気持を自分に向けたくて、愛情を注ぐようになりそうですね。(美佳/ライター)


(ハウコレ編集部)
(かしゅかしゅ@cashe_cashe2525/撮影)