穂積絵莉はシェイ・スーウェイにフルセットで敗れ、WTAツアーで初の8強入りならず [江西オープン]

写真拡大

「江西オープン」(WTAインターナショナル/中国・江西省南昌/7月24〜30日/賞金総額25万ドル/ハードコート)のシングルス2回戦で、穂積絵莉(橋本総業ホールディングス)はシェイ・スーウェイ(台湾)に6-4 3-6 4-6で敗れ、シングルスで初のツアー8強入りはならなかった。試合時間は2時間12分。

 今大会に予選の第2シードで出場した穂積は、1回戦でイェ・キウユ(中国)を6-0 6-1で、予選決勝では第8シードの波形純理(伊予銀行)を6-2 6-7(5) 6-4で破り、シングルスで今季初のWTAツアー本戦入り。1回戦では第7シードのジェン・サイサイ(中国)を2-6 6-2 6-0で破って勝ち上がっていた。

 この結果でシェイは、穂積との対戦成績を3勝1敗とした。前回の対戦は2015年11月の南京(ITF10万ドル/ハードコート)の1回戦で、シェイが6-1 6-2で勝っていた。

 シェイは準々決勝で、第1シードのジャン・シューアイ(中国)とチャン・カイチェン(台湾)の勝者かワイルドカード(主催者推薦枠)のワン・ヤファン(中国)と対戦する。

 穂積は尾粼里紗(江崎グリコ)とのペアでダブルスにも出場しており、ニチャ・ラピタクシンチャイ/ピアンタン・プリプーチ(ともにタイ)との初戦を控えている。

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「江西オープン」(中国・南昌)の2回戦でシェイ・スーウェイにフルセットで敗れた穂積絵莉(全豪オープンでのもの)