東京・銀座の東急プラザ地下2階にある「SALON GINZA SABOU(サロン ギンザ サボウ)」のメニュー「茶房パフェ」が今、SNSで話題になっています。

日本庭園をイメージした枡に入った抹茶パフェは豪華すぎる激ウマスイーツでした!

さっそく「銀座茶房」に行ってきた

銀座の東急プラザ内にある「SALON GINZA SABOU」に、さっそく噂の茶房パフェを食べに行ってきました。

豪華すぎる抹茶パフェ

「茶房パフェ-日本庭園風-」お茶セット(税別1500円)・黒蜜トッピング(税別200円)

店内に入ると、ほとんどのお客さんが「茶房パフェ」を注文していました。

枡に入った抹茶が香るスイーツは、パフェとは思えないほどシンプルな見た目です。

表面の模様は日本庭園の枯山水を表現しており、和の雰囲気を感じます。

気になる中身は…

表面に抹茶パウダーをかけた薄いホワイトチョコレートをスプーンで割ると、中身がちらり。

濃厚なマスカルポーネチーズと抹茶のエスプーマをミックスしたクリームやライフパフが入っていました。

さらに中を掘っていくと、わらび餅や栗の渋皮煮、パールチョコなどを発見。

食感の変化を感じることのできる贅沢なパフェは、宝探しのように楽しみながら食べることのできるスイーツです。

トッピングの黒蜜をかけて

半分くらい食べたところで、トッピングとして注文した黒蜜をかけてみました。

言わずとも知れたことですが、抹茶と黒蜜の相性が抜群で、甘さの引き立つ和の甘味に変化しました!

盛りだくさんな中身とトッピングで最後まで飽きることなく食べられます。

話題のスイーツが気になる!

話題のメニュー「茶房パフェ-日本庭園風-」の値段は、単品で税別1100円、お茶セットで税別1500円です。

平日は1日に100個以上、土日はそれ以上の注文があるという人気のスイーツですが、たくさんの注文を見越して材料を仕入れているため完売することはないとのこと。

ぜひ激ウマな「茶房パフェ」を食べに行ってみてくださいね!