海外サークルの描く東方イラストのみを展示する「東方幻想画廊 〜 the TOUHOU artist of World.」が、とらのあな秋葉原店Cのイベントフロアにて2017年7月25日(火)〜8月4日(金)まで開催されている。

同人サークル・上海アリス幻樂団によって製作されている『東方Project』は、今や日本のみならず世界で愛されているコンテンツ。今回の展示会では、作品をこよなく愛する中国や韓国、フランス他各国の海外クリエイター57名が参加。これまで個別に発表してきたイラスト120点を初めて一堂に会した、とらのあなとしても初の試みとなるイベントだ。

世界に誇る“東方カルチャー”

東方関連のイラストは『pixiv』や『Twitter』などでよく見かける。しかしながら、海外のクリエイターたちが描いた作品を見る機会は中々少ない。今回の展示会では、そんな貴重なイラストが約120点も見られる珍しいイベントだ。

今回の展示会では3本の通路があり、鳥居から順番に見ていく形となっている。こういったイベントでは珍しく撮影可能となっており、訪れた人たちはこぞって写真を撮っていた。以下、展示されていた作品をいくつか写真で紹介。

なお、物販コーナーではイラスト集『東方幻想画廊 〜世界絵師蒐集録〜』を始め、今回展示されているイラストを使用した初グッズなどが販売されている。

見るだけでも楽しめる本イベント。ファンの方はぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。

イベント概要
東方幻想画廊 〜 the TOUHOU artist of World.
■日時:2017年7月25日(火)〜8月4日(金) 11:00〜20:00
■会場:とらのあな秋葉原店C 4Fイベントフロア
■住所:東京都千代田区外神田3-13-8 東京角田ビル4F
■入場:無料
■特設ページ:https://news.toranoana.jp/7548

※写真は著者撮影
(C)上海アリス幻樂団 (C)2017 とらのあな

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: sasuke) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』