25日に放送されたフジテレビ系「魁!ミュージック」に出演した木村カエラが自身の夏の思い出を披露した。

番組ではアーティストのCharaがマスターを務めるバーにOKAMOTO’Sのオカモトレイジ、SPECIAL OTHERSの芹澤”REMI”優真と木村が来店し、トークを展開するというコーナーが放送された。その中で、木村が印象に残っている夏のエピソードを語った。

Charaが「カエラの夏ってどんな感じだったんだろ?学生の時」と質問すると、木村は「夏、ずっと遊んでましたね」と話し、「なんか白浜っていう海に行くとナンパされるって聞いたことあって」とビキニを着用し友達と海に行ったが、一切、声をかけられなかったそう。

また、木村は近年の夏フェスの思い出について、大阪のイベントに出演した際、人気バンド・buck numberと同じ楽屋になったという。その時の様子を木村は「入って荷物置いてすぐにね、ボーカルの人がね、歌の練習をし始めたの」と話し、「うわー、超真面目!と思って。私だったら喉枯れちゃうよみたいなくらい練習してたの」とイベントの舞台裏を明かした。

しかし、木村はそのイベントが自身の出番の後、台風が来てしまい中止になったと明かし、「それがすごい心残りで、夏の思い出、それがもう(印象に残っている)」と真面目に練習をしていたのに出演できなかったbuck numberについて話した。

そんなをbuck numberを目の当たりにした木村は「なんか、やっぱ適当に生きてるくらいの方がいいかな、みたいな」とその出来事を通じて学んだと話し、共演者の笑いを誘った。

木村は、水上高原リゾート200にて2日間で開催される「New Acoustic Camp 2017」に出演が決定しており、9月16日(土)に登場する。