音楽ユニット「青い三角定規」のヒット曲「太陽がくれた季節」や、矢沢永吉の「時間よ止まれ」、岩崎宏美の「聖母(マドンナ)たちのララバイ」などのヒット曲を世に送り出し、童謡「北風小僧の寒太郎」やアニメの主題歌なども多く手掛けた作詞家で脚本家の山川啓介(やまかわ・けいすけ、本名井手隆夫=いで・たかお)さんが、24日午前7時5分に肺がんのため長野県佐久市内の病院で死去していたことが26日、分かった。72歳だった。葬儀・告別式は近親者のみで営まれた。

 山川さんは長野県出身。普段は自宅のある長野県軽井沢町で暮らしていた。都内に事務所を構えていたが、執筆活動も自宅で行い、仕事のある時だけ上京していた。関係者は「最近までずっと元気に仕事をしていました。でもつい数カ月前に『がんになった』と言っていたが、そのころから姿をみなくなった」と語った。

 岩崎宏美はデイリースポーツにコメントを寄せた。山川氏とは、昨年10月に自身のコンサートで会ったのが最後となった。

 突然の訃報には「山川さんはヘビースモーカーだったから。それにしても72歳だなんて若すぎます」と耳を疑った。そして「35年前に書いていただいた、火曜サスペンス劇場の主題歌『聖母たちのララバイ』。23歳だった私は、あの歌のヒットにより、歌い手としてだけではなく、1人の女性としても、沢山のことを学ばせていただきました。もっともっと私の歌を聴いてほしかった」と悔やんだ。