東京五輪OA枠で闘莉王がサプライズ選出!? 鈴木啓太がゴール量産中の“闘将”を推薦

写真拡大

東京五輪の開催3年前記念イベントで、元同僚の鈴木氏と軽妙なトークを披露

 J2京都サンガF.C.の元日本代表DF田中マルクス闘莉王は、2020年東京オリンピック・パラリンピックで一部競技が開催される埼玉県の五輪スペシャルアンバサダーに就任した。

 闘莉王は今季、その高い決定力を生かすため、FWに配置転換された。現在キャリアハイの12ゴールを挙げ、得点ランキングで3位につけており、2020年に開催される東京五輪のサッカー日本代表にオーバーエイジ枠での選出を期待する声も上がっている。

 24日にさいたま市内で東京五輪の開催3年前記念イベントに出席した闘将は、浦和レッズ時代の同僚である鈴木啓太氏とのスペシャルトークショーに参加。超攻撃的DFとして知られる闘莉王が前線に上がった際、絶妙なカバーリングでスペースを埋めた「水を運ぶ男」との軽妙な掛け合いで会場は大いに盛り上がった。

 最初にテーマに挙がったのは、2004年アテネ五輪の思い出だった。本大会で全3試合に出場した闘莉王に対し、アジア予選でキャプテンとして戦ってきた鈴木氏は、18人のメンバーから外れてしまった。

「選手として、五輪に出場するチャンスは1回か2回しかないんですよね。そのなかで、自分が予選を戦ってきて(本大会に)出られなかったのは悔しい思いはあるんですけど、ただそこで自分は成長できたと思います。闘莉王が(メンバー入りの)会見の時に、僕のユニフォームを着て『一緒に行ってくるぞ』と言ってくれたんですよね。その時に初めて良いヤツだなって思いました」

仲間の悔しさを背負って決戦の地アテネへ

 当時浦和は優秀な若手の宝庫だった。闘莉王と現在J1アルビレックス新潟でプレーするFW田中達也が代表メンバーに選出された一方、J2アビスパ福岡MF山瀬功治と鈴木氏は落選。アテネ五輪の選出会見で、闘莉王と田中は涙を呑んだ仲間のユニフォーム姿で出席した。仲間の悔しさとともに、戦いの地へと向かったのだった。

「その時に初めて良いヤツ」という部分に反応した闘莉王は、「ちょっと遅いよ!」と“ツッコミ”。すると、鈴木氏は「勝手にどんどん上がって行っちゃうんで」と苦笑いし、果敢なオーバーラップを繰り返す仲間の当時を振り返った。

 そして、話題は3年後の東京五輪に移った。男子サッカー代表で活躍が期待される選手という質問に、闘莉王は「まだ3年ぐらいあると思いますけど、えっ、なんでこの選手が出てきたんだ、というのがたくさん出てくるので楽しみにしている」と新戦力の台頭を見どころに挙げた。

 さらに、オーバーエイジについても言及。「あとオーバーエイジで誰が入るかが楽しみですね。僕の時は(J1コンサドーレ札幌MF・小野)伸二さん、(J1鹿島アントラーズGK)曽ヶ端さん、(沖縄SVのFW)高原さんでしたけど、高原さんは(エコノミー症候群で)外れてしまいました」と1勝2敗で惜しくもグループリーグ突破はならなかった本大会を振り返った。

得点を取り続けていたらチャンスはある!?

 一方、鈴木氏はオーバーエイジ枠候補に闘莉王を推した。

「オーバーエイジ、チャンスあるんじゃないですか? このまま得点を取り続けていたら。日本の課題は得点力と言われてますからね」

 闘莉王はJ2第24節の名古屋グランパス戦で、古巣相手に2ゴールの大爆発を見せて勝利の立役者となった。日本代表時代に正確無比なクロスからヘディングゴールというホットラインを結成したジュビロ磐田MF中村俊輔を引き合いに出しながら、「俊輔さんと同じチームなら20点取れる」と語っていた男は、J2のゴールランク20傑で最高となるシュート決定率32.4%と圧巻の決定力を見せている。

 鈴木氏の推薦に「そんなに言ってもらって、ありがとうございます」と笑顔を浮かべた闘莉王。国内ストライカーに負けず劣らずの決定力と勝者のメンタリティを持つ闘将は、2020年の東京五輪でサプライズ選出されることもあるかもしれない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

フットボールゾーンウェブ編集部●写真 photo by Football ZONE web