Doctors Me(ドクターズミー)- 医師はあまり勧めない?妊娠中の「腹帯」の効果と種類別の特徴

写真拡大 (全10枚)

妊娠中のお腹が目立つようになった頃に付ける「腹帯」は、母体をいたわる為に使用されるものです。

しかし、プレママさんにとっては初めての経験で、腹帯を付ける時期の目安や腹帯の種類など、分からないことも多いと思います。

腹帯の効果や種類別の特徴、注意点などの疑問を、医師にお話をお伺いしました。

腹帯とは


妊婦がお腹や骨盤に巻く帯です。

古くはさらし木綿の生地を巻いていましたが、うまく巻くにはコツが必要であり、外出先で巻きなおすのも難しいと言われています。

現在では、手軽な骨盤ベルトタイプやショーツと一体になったタイプなども使用されています。

腹帯の効果


・お腹を温める
・ある程度の衝撃から保護してくれる
・腰痛を防ぎ、お腹の重みを支える(骨盤を締め、下からお腹を支える為)

昔の腹帯の考え方


かつては、あまり赤ちゃんが大きく育ち過ぎると難産になるので、お腹の上から締め付けることで胎児の発育を制限するという意図もあったようです。

しかし、お腹の上から子宮を押さえつけても胎児の成長を抑制できるかどうかは定かではありません。

切迫早産を引き起こす可能性もあるため、こういった目的での使用は行われなくなっています。

腹帯を付ける時期


腹帯は妊婦さんが妊娠5カ月の戌の日に付ける習慣がありますが、5カ月になるまでしてはいけないとか、5カ月になったらしなければいけないというものではありません。

季節にもよりますが、お腹が重いと感じるまでは薄い腹巻だけしておき、妊娠後期になってお腹が重くなってからは骨盤を支えるベルトタイプの腹帯をするというのも良いでしょう。

腹帯の種類

さらし



さらし木綿と呼ばれる、幅34僂梁咯の布です。

マタニティグッズ売り場や手芸店で手に入ります。神社で安産祈願をすると祈祷済みのさらしをもらえることもあります。

うまく巻くのは技術が必要で、助産院や分娩施設で着帯指導の教室が開催されていることもあります。使いこなせれば吸湿性もよくフリーサイズで便利と感じられる方もいるでしょう。

骨盤ベルトタイプ



お腹ではなく腰骨の高さで締める帯で、マジックテープで止めるようになっています。下から子宮を支えます。

早産予防や骨盤の痛み(腰や恥骨の痛み)を和らげるとされています。産後の骨盤戻しにも使用できます。

ショーツ一体タイプ



おへその上あたりまで隠れるようなショーツで、お腹を下から支えるように伸縮性のある素材が縫い込まれています。

着用するのは簡単ですが、蒸れることもあり、洗濯用に数を揃える必要があります。

腹帯を使用しない人の主な理由は?


暑い、蒸れる、締め付ける感じが嫌、などが考えられます。

欧米には腹帯の習慣はなく、マタニティ用のショーツも一般的ではないそうです。

病院で腹帯を勧めない場合もあるのはなぜ?


日本では妊娠高血圧症候群が諸外国より多いとされ、この原因の一つが、足から体幹に戻る血流が腹帯のために妨げられ、腎臓を通る血流が落ちているからではないかという説が唱えられたことがあります。

実際に腹帯をきつく締めることがどのような害をもたらすかについて、医学的な検証は行われていないのですが、否定するだけの根拠もないため、腹帯を医師から積極的に勧められる機会は多くないのかもしれません。

最後に医師から一言


特に多胎児の場合、お腹は非常に大きくなり、ある妊婦さんは腹帯を下腹部から肩にかけて重みを支えていたと聞いたことがあります。

医師の許可があれば、腹帯を上手に利用するというのも妊娠による負担を軽減する一つの方法になるかもしれませんね。

(監修:Doctors Me 医師)