【詳細】他の写真はこちら



先日夫が寝込みました。冬眠中の熊のようにひたすら別室にこもり高熱に耐える夫。うつしてはいけないと、子どもたちとの接触を自ら禁じました。いつもお父ちゃんの姿を見れば抱っこ抱っこという三男も、状況を察し少し離れたところからニコニコと笑みを送ります。そんな三男の姿を見て、夫は大きくため息をつきました。「早く抱っこしたい…(泣)」



今回はどうやら長男から病気をうつされたようです。5月にもやはり高熱が出て寝込みましたが、その時は次男からうつされました。数年前、人生初のインフルエンザにかかった時は三男から。ちなみに私はどんな時でも一人健康。もともと菌に強いこともありますが、子どもからうつされることは滅多にありません。なぜ?それはおそらく子どもたちとのスキンシップ量が、夫に比べるとはるかに少ないからではないでしょうか。夫はとにかくいつでも子どもを携帯しているかのように子どもを小脇に抱えて過ごしています。特に三男なんかは目が合えばほっぺたチュウ、ばったり出会えばギュウとハグ。ご飯中に三男が自分の食べかけを夫にアーンさせていたりするし…夫&子どもたちの密着度半端ない!回復したらすぐさま子どもたちとスキンシップの嵐になることでしょう。病気をたくさんうつされたとしても、子どもへの愛は止まらない。まずは子どもに手洗いうがいをしっかりさせようと思います。