インターホンに吠えていた我が家の愛犬

我が家では、愛犬のインターホンに毎回吠えることに悩まされていました。我が家はその当時マンションだったため、お客さんが来るたびに吠える愛犬の声に周りの住民から苦情がこないか毎日ヒヤヒヤする日々でした。

吠える愛犬に精一杯声を低くして怒ってみても、逆にテンションが高まってしまう愛犬にもうどうしたらいいのか、諦め気味の私でした。

同じお悩みを抱えるご家族は結構いらっしゃるのではないでしょうか?

なぜ犬はインターホンに吠えるの?

来客への警戒

インターホンが鳴ったら誰かが来ると覚えており、「誰か来たぞー!」と見えない相手に警戒し、落ち着かななくなってしまい吠えてしまうケースです。警戒心が強めの子や人見知りの子に多いかもしれないですね。

来客が来て嬉しくて興奮

音に反応してするのは同じですが、「誰か来たよ〜」と嬉しくなって興奮してしまう子もいます。人が大好きな子に多いかもしれません。

飼い主に知らせたい

吠えることで、飼い主さんがわんちゃんに話しかけたりすることで、「飼い主が喜んでくれる」「飼い主が反応してくれる」と思っている子もいるようです。
もしかしたら、怒っている言葉さえも構ってくれているかのように捉えられている可能性も少なくありません。

お客さんに褒められるわんちゃんになった3つの方法

その1:インターホンの音を変える

わんちゃんは人が思っている以上に賢いですよね。ちゃんとインターホンの音を覚えていて、吠えています。そのインターホンの音を変えるだけで、静かになる子もいるのです。

再び音を覚えてしまって吠えだす可能性もあるので、必ず新しい音を鳴らし鳴かなかったらすぐにご褒美をあげて褒めてあげましょう。
そうすることでその音が鳴ると「吠えるよりも良い事がある!」と認識させてあげましょう。

その2:インターホンの音で動作を覚えさせる

一見難しそうな響きですよね!
しかし、わんちゃんを飼ったら必ず教えるような「おすわり」「ふせ」という動作を使っていくだけなんです。 まずは、あらかじめご自宅のインターホンの音を携帯電話や録音機などで録音しておいて下さい。

)覆┐覆いらい小さい音でインターホンの音を鳴らす
◆屬すわり」または「ふせ」※得意な方で大丈夫です
すぐにおやつ

 銑を小さい音から徐々に大きい音にしていきます。
それでいつものご自宅の音量まで出来るようになればバッチリです!
〈注意〉もしも、途中で吠えてしまった時にはご褒美のおやつはあげず、落ち着かせてからもう一度できた音量に戻りやり直して下さい。

その3:インターホンが鳴ったらハウスさせる

この方法はその2とほとんど同じですが、ハウスで教えておくと良い点は、玄関までついて来ることを簡単に防止することにもつながるのでオススメです。

)覆┐覆げ士未離ぅ鵐拭璽曠鵑硫擦鯡弔蕕
◆屮魯Ε后廚叛爾鬚ける
ハウスできたらすぐにご褒美をあげる

 銑を繰り返す事で、この音が鳴ったらハウスする!と覚えてくれて、音が鳴ると自分から入ってくれるようになります。

ちなみに私はその3の方法を愛犬に教えました。この3つの方法どれも地道だとは思いますが、覚えてくれたらインターホンが鳴るたびに良い子な姿を見て楽しくなります!!

まとめ

積み重ねの大事なしつけになってしまいますが、難しい事ではありません。出来るようになると、家族だけでなく、お客さんにも愛犬をさらに「賢いね〜」「賢くなったね〜」と褒めて可愛がってもらえるようになります。
また、犬の苦手なお客さんでも入りやすい家になること間違いなしです。私はもっと早くに愛犬に教えておけばよかったと思いました。
みなさんも周りの人達にもっと自慢の愛犬を可愛がってもらえるように頑張ってみませんか??