これで浴衣デートもばっちり!1人でもできる浴衣の着付け方

写真拡大 (全19枚)

夏といえば夏祭りに花火大会!友達とでかけたり彼氏とデートするときにせっかくなら浴衣を着たいですよね。でも浴衣をひとりで着るのはとても難しくてチャレンジできない人も多いのではないでしょうか。今回はYouTuberのくまみきさんが投稿した浴衣の着付け動画を紹介します!浴衣で夏を満喫しましょう♪

浴衣の着付けは1人ではムズカシイのが現実…

浴衣を着たくても自力で着付けができない、着付けが難しくて大変という人はたくさんいます。更に言えば、誰かの手を借りればできるけどそんな環境にいない人もいます。そんな事情もあって、夏に浴衣を着るのを諦めてしまう人も多いのではないでしょうか?

かくいう筆者もそのひとりです。着付けの基本的なやり方は知っているし、ネットで探せば着付けの方法もいっぱい調べられるのですが…いざ試すと難しいし大変だしうまくできないので面倒になって諦めます。あまりの大変さに、「面倒なキモチ>>>女子力」になりまってしまいます。

そこで注目なのがこちらの動画!くまみきさんがひとりでもできる浴衣の着付けを分かりやすく解説してくれます!

浴衣の着付けの前に!準備と補正の仕方

【ゆかた】着付け前の準備と補正の仕方

浴衣はいきなり着付けようとしてもできません。まずは着付け前の準備と補正が必要です。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=LyblUZF-VTQ&t=55s

当然ですが、まずは浴衣と帯を用意しましょう!

出典:https://www.youtube.com/watch?v=LyblUZF-VTQ&t=55s

これはどちらでも良いそうですが、帯締めと帯留めも用意しています。下駄も必要なので用意しましょう。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=LyblUZF-VTQ&t=55s

さらに忘れてはいけないのが浴衣用の肌着です。持ってない人はペチコートとキャミソールでもいいそうです。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=LyblUZF-VTQ&t=55s

和装ブラもあると便利!ない人はスポーツブラで代用できます。

補正に必要なタオルも2,3枚必要です。和装用のクリップ、ない場合は洗濯バサミでいいのでこれも用意しておきます。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=LyblUZF-VTQ&t=55s

伊達締めや帯板も用意しましょう。

また、ヘアセットは着付けの前に済ませておきます。浴衣を着付けたあとにバタバタ動くのは大変なので、カバンなども全部用意をしておきましょう。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=LyblUZF-VTQ&t=55s

準備が整ったらまずは補正をしていきます。補正とは、浴衣を着た際にシルエットがキレイに見えるためにおこないます。

補正のポイントとして、ショーツは線が響かない、色が透けにくいものにします。ブラに関して言うと、胸のボリュームがある人とない人で補正の仕方が変わってきます。ボリュームのある人は和装ブラの下の部分にタオルを当ててあげる、ない人は和装ブラの上の部分にタオルを挟み込みます。

浴衣は鎖骨から胸にかけてのラインが平らな方がキレイとされています。帯に胸が乗ってしまうと老けて見えるので補正はしっかり行うとキレイなシルエットが作れるそうです。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=LyblUZF-VTQ&t=55s

腰の補正も重要です!腰は誰でもひっこんでしまう部分なので、タオルを使って腰の凹凸を補正します。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=LyblUZF-VTQ&t=55s

腰の補正はタオルを使っておこないます。タオルを1枚たたみ、もう1枚のタオルを縦長になるように折ります。縦長タオルの中心に1枚めのタオルを挟み込むようにし、腰に巻きつけるようにして補正します。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=LyblUZF-VTQ&t=55s

もちろんタオルはそのままにしていると落ちてしまうので、腰紐を巻きます。腰紐を巻く時は常に平らになるように巻くのがポイントです。

これで補正は終了です!補正だけでなんだかひと仕事終えた感があると思いますが、これからが本番なのでサクサクできるようにがんばりましょう!

おはしょりが難しい…!浴衣をひとりで着付けてみよう!

【ゆかた】一人でできる♡浴衣の着付け方とおはしょりの調節の仕方

浴衣の着付けで難しいと感じる要素のひとつが、おはしょりの調節だと思います。女性の浴衣は帯の下に浴衣の布が余った部分がありますよね。あの部分を「おはしょり」と呼びます。この動画では浴衣の着付け&おはしょり調節の仕方が分かりやすく説明されています!

出典:https://www.youtube.com/watch?v=8iRirOZj3I0

まず浴衣に袖を通し、両手で持ってトントンと張ります。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=8iRirOZj3I0

次に上前(うわまえ)の幅を決めます。浴衣を重ねた時に上になる部分ということですね。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=8iRirOZj3I0

上前が決まったら帯紐を結びます。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=8iRirOZj3I0

帯紐を結んだあと、背中などにシワがあれば指を差し込んで取りましょう。おはしょりがごちゃっとなってる場合は浴衣の左右の身八つ口(みやつぐち)から手を入れておはしょりを整えてください。それが終わったら左右の掛襟を片手で持ち、もう片方の手で背中心(浴衣の背中の中心になる部分)を引っ張って衣紋(えもん)を抜きます。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=8iRirOZj3I0

さて、ここまできたらおはしょりに入ります。左の身八つ口から手を入れて、下前のおはしょりを斜め上に三角形に折ります。襟の位置が崩れないのがポイントです。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=8iRirOZj3I0

おはしょりが折れたら襟の位置を決め、胸紐を結びます。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=8iRirOZj3I0

帯板で帯の位置を決めて、おはしょりが長いようであれば調節します。おはしょりを両手で上に持ち上げて、クリップや洗濯バサミなどでとめておきます。後ろのおはしょりも前のおはしょりと同じ長さになるように持ち上げて、シワになる布は右側に流します。流した布はおはしょりの中に入れてキレイに整えます。これで長さ調節ができます。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=8iRirOZj3I0

おはしょりの調節ができたら伊達締めを締めます。これで浴衣の着付け&おはしょり調節は終了となります。

着付け動画を真似して今年の夏は浴衣を楽しもう!

テンポもよく、説明がとっても分かりやすいのがこの動画の特徴です。

呉服店の人もこの動画を分かりやすい浴衣の着付け動画としてオススメしています!

今まで浴衣は難しい、面倒と敬遠していた人も、この動画を見ながら必要なものを揃えて浴衣の着付けを練習してみましょう。そして、ぜひ今年の夏は浴衣を楽しんでみてはいかがでしょうか?

The post これで浴衣デートもばっちり!1人でもできる浴衣の着付け方 appeared first on dora.