ふくおかFGと十八銀行の経営統合、再び延期に

写真拡大

経営統合を目指してきた、ふくおかフィナンシャルグループ(FG、福岡市)と十八銀行(長崎市)は、公正取引委員会から経営統合の承認が得られていないことから、2017年7月25日、時期を明示しないで統合を再延期すると発表した。

ふくおかFG、十八銀行はそれぞれ、同日開いた取締役会で決めた。

公取委の審査、完了せず

ふくおかFGと十八銀行は当初、2017年4月1日の経営統合(株式交換の効力発生日)を、また18年4月1日には、ふくおかFGの傘下にある親和銀行(長崎県佐世保市)と十八銀行との合併を予定していた。

それをそれぞれ半年後ろにずらし、17年10月1日を株式交換の効力発生日、2018年10月を合併日に延期。今回、さらに無期延期とした。

一方、公正取引委員会は、仮に親和銀行と十八銀行が合併すると、長崎県内での貸し出しシェア率が7割と高くなり、独占禁止法に抵触する恐れがあるため、慎重に審査を重ねてきた。再延期の理由は、その審査が完了していないため。

今後の経営統合のスケジュールについて、両行は「確定次第、速やかにお知らせいたします」としている。