モデルでタレントのダレノガレ明美が7月25日、母校の球児たちを応援すべく、球場へ駆けつけたことを報告。その熱のこもった応援ぶりが、ファンの間で大きな注目を集めている。

 これは同日、ダレノガレが自身の公式twitterに投稿したもので、この中で彼女は、「いるよね〜こおいうOB…元チア部だから許して!これから夜まで収録だから最後まで見れなかった…頑張れ立花」と、横浜スタジアムで行われた全国高等学校野球選手権神奈川大会の準々決勝、日大高と母校・立花学園の一戦に、多忙なスケジュールを縫って応援に駆けつけた際の様子を動画で公開。

 人気タレントでありながらも、そうした素振りを一切出すことなく、後輩の生徒たちに混ざりながら、「勝つぞー!」などと大きな声援を送る様子を披露し、ファンの注目を集めることとなった。

 試合後、「立花学園の野球部お疲れさま!最高だった!結果は残念だったけど自慢の最高の後輩だよ!」「野球部、チア部、吹奏楽部、全校生徒お疲れ様でした!立花学園最高」と、母校の後輩たちをねぎらいつつ、エールを贈ったダレノガレ。結果は敗れこそしたものの、彼ら後輩たちにとっては、憧れの先輩とそのアツい想いを共有できた、実に想い出深い夏の1日になったと言えそうだ。