リヴァプールの識者が語る、「今夏7つのポイント」

写真拡大 (全8枚)

『Liverpool Echo』は25日、「『Anfield Index』『Anfield HQ』のリーン・プレスコット氏が、今季のクラブについて語った」と報じた。

今夏はこれまでドミニク・ソランケ、アンディ・ロバートソン、ムハンマド・サラーを獲得したリヴァプール。しかし他のクラブと比べるとあまり大きな投資はしていない。

ファンサイトを運営するリーン・プレスコット氏はインタビューに対して以下のように話し、今夏のポイントについて語った。

プレシーズンで2勝2敗。アジアトロフィーでは優勝した。今シーズンに自信は持てるか?

リヴァプールはアジアトロフィーの優勝候補であった。ただ、大会が始まる前にタイトルを獲得できるのは良いことだ。それが何であるかは関係なくね。

プレシーズンは誰もに復活のチャンスを与えてくれる。監督はそのプランを微調整できる。新しい道を探るためにね。新しい選手にとっても、気分を盛り上げ、印象を残す機会になる。

リヴァプールのパフォーマンス、特にムハンマド・サラーとドミニク・ソランケは、新しいシーズンへの自信を与えてくれる。

もちろんレスターの試合では集中を失ってリードを奪われてしまったが、それはシーズンが始まるまでに修正できるものだ。リヴァプールは昨季より危険なことが出来るように見えるよ。

もしマネ、コウチーニョ、サラー、フィルミーノのトリオでワクワクしないというなら、一体誰で満足するのかな?

ムハンマド・サラーとドミニク・ソランケについて

プレシーズンでは彼ら両名から本当に感銘を受けた。ソランケはチェルシーでトップチームに入る数少ない若手の1人だったはずだが、残念ながらそうならなかった。

結果的にいい選手を獲得できたね。加入から素晴らしい可能性を見せてくれているよ。

クリスタル・パレス戦での最初のゴールは、そのことを証明するものだ。スペースに行き、正確なショットを打つためのターンも見せた。

それだけじゃないね。チームメイトを助けることもでき、フィジカルが強い相手をボールの動きで対処する。オールラウンドな彼のプレーは、良い予兆を感じるよ。

サラーに関して言えば、まさにクロップが注文する選手だよね。サディオ・マネのシーズンが終わった後は、ナサニエル・クラインにワイドエリアを頼りすぎることになった。

彼の加入は左サイドの突破力を高め、クロップのカウンタースタイルによく合っている。爆発的なスピードがあり、コウチーニョと共に発展できる兆候もある。

今夏のマーケットはすごすぎる。これほど高騰する中で、リヴァプールはいい買い物をしたと思うよ。

アンディ・ロバートソンとの契約に興奮しているそうだね。地味な補強だと言われるが、なぜ?

彼が皆の気持ちを燃やすことはないだろうが、ロバートソンはリヴァプールの取引の中でとても鋭いものかもしれないね。

左サイドを上下動することが出来、サイドラインを支配し、現代のサッカーでサイドバックに求められる攻撃的な部分を見せられる。

リヴァプールに欠けていた選手層を加えてくれる。ジェームズ・ミルナーが昨季は慣れないポジションでいい仕事をしていたが、彼は密集した中盤に入っていってしまうという点もあった。

ロバートソンは下がることも出来、中にも入れるし、パスも出せる。自然に左利きのプレーが出来る。うってつけの人材だ。左サイドは左利きがいいよ。

ナビ・ケイタ獲得の噂については?

長いね。随分話題にされている話だよ。ケイタは明らかに多くのオファーを受けている。オールラウンドなMFで、ブンデスリーガの初年度で大きな成功を収めた。

クロップが彼を欲しがっているのは明らかなことだろう。残念ながら、おそらく獲得は出来ないだろう。

ライプツィヒは彼を売る理由がない。彼らはケイタを中心にチームを構築していくように見える。

サラーとは違う。ライプツィヒは、ファイナンシャル・フェアプレー制度に引っかからないために選手を売って金を得る必要がない。リヴァプールが彼を引き抜くための金額を出すのは非常に難しい。

彼はアンフィールドに行きたいと言っているようだが、クロップがケイタを獲るにはあと1年が必要になりそうだ。

来年の夏には比較的低めの契約解除条項が行使できる。ただ、競争は激しくなるだろうね。

フィルヒル・ファン・ダイクの噂は?彼の方が優先順位は高いか?

間違いなくそうだね。これは非常にフラストレーションが溜まる話だ。夏の初期に彼の獲得に向かっていたが、かなり悪い形で止まってしまった。

しかし、ファン・ダイク自身は明らかに移籍を求めており、サウサンプトンの監督はチームを乱す選手を望まないだろう。ツアーのメンバーから外したことはファン・ダイクの立場を表す重要な点である。

ナビ・ケイタがライプツィヒに残るように見えるし、リヴァプールは彼を獲得するために全力を尽くすべきだよ。

空中戦には強いし、フィジカルが武器のストライカーにも負けない。セットプレーでは脅威にもなるし、スピードもある。ボールも持てる。

彼は現代のサッカーで求められるセンターバックだ。ディフェンダーに6000〜7000万ポンド(およそ85.6〜99.8億円)を投じるのは厳しいかもしれないが、基盤をちゃんと作れるまでは投資をしなければならないよ。

すでに多くのオプションがある中盤と違って、強力で信頼できるセンターバックを獲得する意義は大きい。彼が最優先ターゲットでなければならないね。

ファンとしての立場からは、補強の不足はどう感じている?

今季はリヴァプールにとって非常に大きな夏になる。チャンピオンズリーグへの復帰を確保しなければならないところまで戻ってきた。そして、それは明らかにより質のある選手の必要性を高めている。

昨季の本当の問題は選手層だったように見える。クロップは国内カップで若手を使うことを余儀なくされた。

ソランケ、ロバートソン、そしてサラーはいい印象を与えている。リヴァプールが最終ラインの課題に取り組むべきだ。

ロヴレンとマティプは怪我が多く、忙しいスケジュールの中では頼り切れない。クラヴァンを使うと質が落ちる。

ナビ・ケイタが来る可能性は低いが、ファン・ダイクが来たら多くのことが起こるだろう。それができれば、かなり良いマーケットだったと言える。

最後に、言及したい補強の噂や期待できる選手は?

アレックス・オックスレイド=チェンバレンがどうなるかは興味深いね。リヴァプールはナビ・ケイタに代わる誰かを探すだろう。クロップは彼を好み、その多彩さは大きな資産になるよ。

ただ、アーセナルは彼をかなり評価しているから、リヴァプールはどのような手法で臨むか。それは興味深いね。

また、アレクサンダー・アーノルドも注目したいね。彼はプレシーズンで本当に印象を残した選手だ。推進力とエネルギーがあり、ファイナルサードで支援できる。

現在のパフォーマンスのレベルを維持できれば、ナサニエル・クラインとも競争できるだろうね。