菊地明砂美が4番でエースを達成!(撮影:佐々木啓)

写真拡大

<カストロールレディース 初日◇26日◇ザ・カントリークラブジャパン(6,608ヤード・パー72)>
千葉県にあるザ・カントリークラブジャパンを舞台に開幕した「カストロールレディース」。その初日、菊地明砂美がホールインワンを達成した。
ニューヒロインを探せ!ステップアップツアーのフォトギャラリー
エースを決めたのは折り返して迎えた4番パー3。154ヤードのティショット、8番アイアンを握るとボールはピン手前にワンバウンド。この時菊地は「ちょっと大きい」と思ったが、ボールはそのまま視界から消えた。「あっ、入ったんだ(笑)」と両手を挙げて喜ぶと、同組の選手とハイタッチをして分かち合った。
人生4度目というホールインワンは試合では初めて。菊地は首位と3打差の1アンダーの11位タイでフィニッシュ。ホールアウト後に「めでたいですねー。もうちょっと良いスコアで回れたら言うことなしだったんですけど(笑)」とおどけて見せた。その後、大会共催のカストロール株式会社の小石社長と会い、「入っちゃいました。(副賞を)楽しみにしてます」とプレッシャーをかけたとかかけなかったとか…。菊地には副賞としてカストロール株式会社からカストロールオイルが送られることになった。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

“ケガの功名”でパッティングが好調になった金井智子が首位発進
金井智子とウェイ・ユンジェが首位タイ発進、“ゴルフ界のカトパン”は出遅れ
「ゴルフ界のカトパン」がホステス優勝に意気込み【カストロールレディース】
人気バクハツ!セクシークイーンの悩殺ミニスカは「写真館」で
急に選択肢が増えた『ダークレッド』パター、“赤パター”はただ赤いだけ?