ほおずき市でミニライブを行った小金沢昇司=東京・神楽坂

写真拡大

 歌手・小金沢昇司(58)が26日、東京・神楽坂で開催中の「ほおずき市」で、ミニライブを開催。新曲「おまえがいたから俺がいる」や代表曲「ありがとう…感謝」など6曲を熱唱した。2008年に新曲「神楽坂」をリリースした縁で就任した「神楽坂PR大使」としてステージを務めた。

 小金沢は、演歌のジャンルで活躍するが、普段は幅広いジャンルの音楽を聴くという。「今の時代は、ジャンル的には演歌とJ-POPしかない。40〜50代の人が聴ける音楽がないので、新しいジャンルを作り上げたい」と野望を語っていた。

 また、肺炎のため今月22日に死去した作曲家・平尾昌晃さん(享年79)には「先生の笑顔と、時々みせる鋭い目が印象に残っています。いろいろなジャンルの歌を作れるすごい方でした」と悼んだ。