好アクセスの軽井沢マリオットホテル

写真拡大

森トラストグループとマリオット・インターナショナルが今夏の開業を目指し国内各地で開発を進めていた「軽井沢マリオットホテル」・「富士マリオットホテル山中湖」・「伊豆マリオットホテル修善寺」・「琵琶湖マリオットホテル」・「南紀白浜マリオットホテル」の開業日が、7月28日(金)に決定した。宿泊予約の受付は、ホテルWEBサイトなどを通じて6月23日(金)より一斉に開始している。また、5ホテル共通のテーマで各エリアの特長を表現した開業記念宿泊プラン「JapaTabi Holiday(ジャパタビ ホリデー)」を発売。2016年末には訪日外国人旅行者数が史上最高の2400万人台に達し、今後「インバウンド4000万人時代」の到来が期待されるなか、5つの新しいマリオットホテルは、美しい自然と個性的な歴史文化に満ちた日本のリゾートの魅力を、世界へ発信する。

【写真を見る】5つそれぞれに違う個性があるマリオットホテル。気分に合わせて泊まりたい

■ 軽井沢マリオットホテル

東京から約70分と好アクセスでありながら、本格的なリゾートライフを楽しめる軽井沢に立地する軽井沢マリオットホテル。昨年7月にメインウイングがオープンし、本年7月には温泉浴室付客室56室を備えたノースウイングが誕生し全館グランドオープンを迎える。

■ 富士マリオットホテル山中湖

富士五湖のなかでも富士山に一番近い山中湖エリア内の豊かな森に包まれた、富士マリオットホテル山中湖。温泉大浴場やテニスコート、甲州の味覚を堪能するレストラン、そして上質なしつらえの全105室のゲストルームなど、多彩なリゾート施設が心地よいくつろぎの時を演出する。

■ 伊豆マリオットホテル修善寺

50万坪を誇る広大な「ラフォーレリゾート修善寺」内に立地する伊豆マリオットホテル修善寺。緑豊かなロケーションに、富士山を望む温泉露天風呂付客室やファンクションルーム、伊豆の味覚を堪能できるダイニングのほか、多彩なスポーツ施設を備え、思いおもいのリゾートステイを楽しめる。

■ 琵琶湖マリオットホテル

京都駅から電車で約30分の琵琶湖畔に佇む琵琶湖マリオットホテル。琵琶湖の「水」をテーマにデザインされた全274室のゲストルームや絶景のレイクビューが印象的な最上階のレストランなど、雄大な湖を眺めながらの快適な滞在を楽しめる。

■ 南紀白浜マリオットホテル

関西屈指のビーチリゾートとして知られる南紀白浜エリアの、 太平洋と白良浜を見渡す場所に立地する南紀白浜マリオットホテル。白浜の美しい情景を表現した182室の客室や名湯・白浜温泉を引く展望露天風呂、新鮮な海の幸を提供するオーシャンダイニングで、特別なひとときを過ごすことができる。

■ 開業記念宿泊プラン「JapaTabi Holiday(ジャパタビホリデー)」

7月28日(金)から2018年3月31日(土)まで、今夏オープンする5つのマリオットホテルの開業を記念した宿泊プラン「JapaTabi Holiday(ジャパタビホリデー)」を用意。各地の魅力を盛り込んだオリジナルJapaTabiカクテル(ノンアルコール)や、ブッフェスタイルの朝食など、新しいマリオットホテルでの滞在を楽しめる。

■ オリジナルJapaTabiカクテル(写真左より)

伊豆マリオットホテル修善寺「静岡茶モヒート」は、切れ味のある爽やかな風味が特徴的なカクテル。添えられたボトルに入った緑茶を注ぎ入れると、鮮やかな緑色のカクテルが完成。伊豆の森での滞在にぴったり。

富士マリオットホテル山中湖「山梨桃ジャムのベリーニ」は、ベースのトニックウォーターに山梨名産の桃を使った濃厚なピューレを注ぎ入れ、本物の桃のような味わいが楽しめるカクテル。可愛らしい見た目が女性心をくすぐる。

南紀白浜マリオットホテル「白浜ソルティドッグ」は、添えられたボトルから完熟みかんのピューレを注ぎ込んで色づいたグラスが、まさにみかんのような可愛らしさ。アクセントの塩が、美しい白砂を思わせる。

軽井沢マリオットホテル「信州アップルサングリア」は、シトラス風味のアップルジュースに、ノンアルコールワインを注ぎ入れてりんごのようなカクテルに仕上げた。軽井沢らしい爽やかさと、長野県のフルーツの味わいを楽しめる、贅沢な一杯。

琵琶湖マリオットホテル「近江牛ビーフ&トニック」は、近江牛の旨味が溶け合ったベースのトニックウォーターに、優雅な雰囲気漂う金箔を注ぎ込む、上品ながらも力強さを感じられるカクテル。見た目と味のギャップを楽しめる。

日本の良さを発信する、個性豊かな5つのマリオットホテル。この機会に、特別な空間を体験してみて!【ウォーカープラス編集/篠田】