ポケモンGOフェスの大規模障害、原因をナイアンティックが説明「ログインの殺到でクラッシュ」
先日シカゴで開催されたポケモンGO一周年記念イベントPokemon GO Festの会場で大規模障害が発生した件につき、運営元のナイアンテックから公式ブログ上で説明がありました。

同社はここで得られた経験を、今後行われる日本やヨーロッパ各地でのPokemonGOイベントに活かすと約束しています。

北米のみならず全世界から熱心なファンが集まり、広大な公園グラント・パークを会場にして開催された屋外フェスのPokemon GO(ポケモンGO) Fest。その結果は出席者の多くがログインできず、障害を埋め合わせるための返金や「詫びルギア」というパワーワードの爆誕を招いたことは既報のとおりです。

今回の障害の要点は、ざっと以下の通り。
各クライアントアプリが(ログインの殺到で)クラッシュサーバー構成を変更したことで多くのユーザーにつき問題は解決その後も一部の通信プロバイダの過負荷やネットワークの輻輳により障害が長引いたユーザーもいた
ということで、「一時期にログインが集中しすぎた」ナイアンテックのサーバー側の問題や、「特定の通信業者のインフラに過負荷がかかった」といった、予想された範囲内の回答でした。



つまり「会場内に出現するはずだったレアポケモンやタマゴを、公園を中心に2km圏内のシカゴ市街でも出現するようにした」対応は、「一部の地域に固まらずに分散してください」という意味があったようです。

このイベント期間中に、シカゴ市街のトレーナー達は770万以上のポケモン(うち伝説ポケモンは44万以上)をゲットし、6万9千件以上のレイド戦に参加したとのこと。同じ期間に、全世界では5億以上のポケモン(うち伝説が190万以上)とされ、イベントの成功が強調されています。

日本でのポケモンGO一周年は正確には7月22日。そして記念イベントは8月9日〜15日に横浜で開催される「ピカチュウだけじゃない ピカチュウ大量発生チュウ!」(4年連続4度目)にポケモンGOが連動企画がある......と程度のうっすらした情報が公開されているのみで、詳細は近日中とのこと。

Pokemon GO Festは会場だけでなく全世界のトレーナーが心を一つにできるお祭りですが、「さらなる伝説の詫び」を少し観てみたい気もします。