<若手のお騒がせセレブの最高峰と言っても過言ではないジャスティン・ビーバー。アルゼンチンで国旗を踏みつけ、メキシコの世界遺産でパンツを下ろすなど、これまでもやりたい放題>

中国での公演を禁止されていることが明らかになったばかりのカナダ人歌手ジャスティン・ビーバーが、今度は現在世界で進行中の自身のコンサート・ツアー「パーパス・ワールド・ツアー」の東京公演を含む残りの日程の中止を発表した。

jb02.jpg

2013年9月の中国・北京でのパフォーマンス Stringer-REUTERS

「予期せぬ事態」のため中止するというが、周囲にとっては「予期せぬ事態」ではなかったかもしれない。お騒がせセレブとして名高いビーバーの気まぐれは毎度のことだからだ。

ビーバーが外国で引き起こした問題行動の中でも、代表的な出来事を振り返ってみると......。


■ペットを税関に没収される

2013年3月、ツアーのために訪れたドイツで入国の際にペットのオスのオマキザル「マリー」を持ち込もうとしたが、事前に検疫などの手続きを済ませていなかったため押収。ビーバーは、マリーを取り戻す手続きを期日までに行わなかったため、マリーはドイツ政府の所有となりハノーバー近郊の動物園に移された。

■「アンネも僕のファンになっていただろう」

2013年4月、ツアーの合間に訪れたオランダ・アムステルダムの「アンネ・フランク・ハウス」で、ゲストブックにこう書き残した。「アンネは素晴らしい少女だった。彼女もきっとビリーバー(ビーバーの熱狂的ファン)になってくれただろう」

(アンネ・フランク・ハウスは博物館として姿を残している)


■アルゼンチン国旗を侮辱

2013年11月、アルゼンチンのコンサートでファンがステージに投げ入れた同国の国旗を蹴る、踏む。さらにマイクスタンドを使ってステージから降ろした。この瞬間を捉えた映像はYouTubeにアップされ、多くの非難のコメントが付いた。ちなみに、アルゼンチンでは国旗を軽視した行動は犯罪にあたり、最大で禁固4年の刑が科される可能性がある。

【参考記事】お騒がせカーダシアン一家、長男ロブのあきれたリベンジポルノ騒動
【参考記事】自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

ニューズウィーク日本版ウェブ編集部