「Laforet HARAJUKU World Tour」

写真拡大

 ラフォーレ原宿が、世界に向けてクリエーティブな原宿ファッション・カルチャーを発信する「Laforet HARAJUKU World Tour」を開催する。第1弾は、フランス・パリで今年9月からスタートする。

 ラフォーレ原宿は、発信とインキュベートを柱に、年齢や性別を超えた「自由な発想の個性溢れるクリエーティブなファッション・カルチャー」を提案してきた。近年は昨年10月にはパリのファッション国際見本市「Who's Next」にポップアップショップを出店。今年10月に開業39周年を迎えるラフォーレ原宿は、原宿ファッション・カルチャーの国外への発信を強化するため、「Laforet HARAJUKU World Tour」のプロジェクトを立ち上げた。
 第1弾として9月8日から9月11日、パリの「Who's Next / Premiere Classe」に原宿ファッション・カルチャーを集めたブースを出展。コレクションブランドからゴシック&ロリータブランドまで、ラフォーレ原宿館内で展開中のブランドとショップを中心に約20社が出展する。また、パリ市内のセレクトショップ「レクセプション(L'EXCEPTION)」で9月23日から10月3日までポップアップショップをを出店。原宿ファッション・カルチャーを象徴するブランドやショップ約20社の2017年秋冬シーズン商品を販売する。
 プロジェクトでは、ラフォーレ原宿を世界に発信するとともに、出展・参加ブランドの国外でのビジネスチャンスの拡大を目指す。また、渋谷区観光協会とPR連携し、ファッションの街として原宿や渋谷を紹介するほか、ESMOD INTERNATIONAL(東京校・パリ校)や文化ファッション大学院大学と連携し、学生が制作した衣装の展示や学校の紹介なども予定している。