モウリーニョ監督が警戒するクラブとは? 新戦力ゼロも「望んだ選手を全員キープ」

写真拡大

ポルトガル人指揮官はオフに大金を投じたシティよりもトットナムを警戒か

 今夏もプレミアリーグでは2億2000万ポンド(約320億円)を投じたマンチェスター・シティをはじめ、多くのクラブが大型補強に動いている。

 新シーズンの覇権争いはますます熾烈になりそうだが、マンチェスター・ユナイテッドジョゼ・モウリーニョ監督はここまで新戦力ゼロのライバルに警戒心を抱いているようだ。英紙「ガーディアン」が報じている。

 ユナイテッドは7500万ポンド(約110億円)で新エースとしてベルギー代表FWロメル・ルカクを獲得。昨季6位に終わった雪辱を果たすべく、2012-13シーズン以来のリーグ制覇を目指す。記事によれば、モウリーニョ監督は「我々はタイトル獲得候補ではあるが、有力候補だとは思っていない」としたうえで、ライバルクラブの動向にも言及したという。

「みんなマン・シティの投資額について話しているが、投資面で驚くべきクラブが他にもある。トットナムだ。ここまで彼らが使ったのは0ポンドだろう? そしてデレ・アリ、(ハリー・)ケイン、(トビー・)アルデルヴァイレルト、エリック・ダイアーを残し、望んだ選手を全員キープしている」

 ポルトガル人指揮官は、ユナイテッドが獲得を狙っていたMFダイアーをはじめとした主力の慰留に成功しているトットナムへの警戒を示した。

ウォーカー放出も「売却を望んでいた」

 トットナムはDFカイル・ウォーカーをイングランドDF史上最高額でシティへ放出した。しかし、これについてもモウリーニョ監督は「彼らは売却を望んでいた」とし、DFキーラン・トリッピアーという実力者も控えていることから想定内の移籍だったと主張している。

 一昨季はレスター・シティと終盤まで優勝を争い、昨季も王者チェルシーに次ぐ2位でフィニッシュしたトットナム。マウリシオ・ポチェッティーノ監督が作り上げたチームが成熟の粋に達している。補強ゼロながらモウリーニョ監督も警戒を示す“スパーズ”が、新シーズンのプレミアリーグを盛り上げる存在となりそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images