雨の中の午前練習で、厳しい表情で指導する浦和のペトロビッチ監督(左)

写真拡大

 J1浦和は26日、さいたま市内で、異例の2日連続となる2部練習を敢行した。今季、キャンプ以外で2部練習をするのはこの2日間が初。降りしきる雨の中で行われた異例のハードトレーニング中には、ミハイロ・ペトロビッチ監督(59)の怒号も飛んだ。

 FW武藤は「コンディションやプレーが良ければ、今まで通りの(1部)練習だと思う。しっかり練習して取り戻す」と言う。DF槙野は「厳しい練習が続いて、いい方に進むと思う」と話し、「しっかり課題をこなせた。全体で足りないものに取り組めた」と手応えを口にした。レギュラー組に入ったFWズラタンは「コンパクトに戦う意識だった。課題を修正していかなければならない」と明かした。

 29日の15位札幌とのアウェー戦から、16位大宮、14位甲府と下位と3連戦。巻き返す最後のチャンス。武藤は「まずは札幌戦で勝ち点3をとりたい」とまずは目の前の試合に全力で取り組む。