多くの素晴らしい作品を残してくださいました……
 - iStock.com / vikiri

写真拡大

 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズで特技監督を務めてきた、アニメーターの増尾昭一さんが、24日に亡くなった。57歳だった。増尾さんが所属していた株式会社カラーが26日に公表した。

 カラーは「かねてより病気療養中のところ7月24日(月)午前11時36分57歳にて永眠いたしましたここに生前のご厚誼を深く感謝し謹んでお知らせ申し上げます」と報告。通夜および葬儀、告別式については、故人と遺族の意向により近親者・関係者のみで執り行うという。

 映画『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』(1984)で作画監督補を務めた増尾さんは、同作に原画として参加していた庵野秀明と知り合いスタジオ・グラビトンを設立。「無責任艦長タイラー」「プロジェクトA子3 シンデレラ・ラプソディ」などではメカニックデザインを手掛け、特に爆発描写やメカデザインにおいてはアニメファンから親しまれた。監督作品は「機神咆吼デモンベイン」(2006)など。

 また庵野監督と作品を作り続け、庵野監督のアニメ「トップをねらえ!」「ふしぎの海のナディア」「新世紀エヴァンゲリオン」などにも参加。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズでは特技監督を担当するなど、庵野作品を支える主要スタッフの一人として知られていた。(編集部・井本早紀)